ダニエル・ラドクリフが選んだ『ハリポタ』の記念品は?

約10年間の歴史!
  • 約10年間の歴史!

シリーズ最終章となる『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(公開中)と『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011年7月15日公開)の撮影を終え、“ハリポタ”生活にピリオドを打ったダニエル・ラドクリフが、同シリーズに出演した記念に選んだ品物は、メガネだそうだ。

ラドクリフが米テレビ番組テンターテインメント・トゥナイトで語ったところによれば、「最終章終了後に、ハリーを演じてきた記念として撮影の時にかけていたメガネを盗んだんだ。というのは嘘だけど、メガネをプレゼントされたんだ。シリーズ第1弾の『ハリー・ポッターと賢者の石』(01)でかけていたメガネも持ってるけど、小さくてもうかけられないよ。約10年間の歴史だから、すごい宝物だよ。家に置いておいたら壊しちゃいそうだから、家じゃなくて安全な場所に保管してあるんだ」そう。

このメガネは、遠い将来、超お宝品としてオークションにかけられるかもしれない。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報