「ハリー・ポッターと謎のプリンス」最新予告編が完成!

学校内には思春期の恋の病が蔓延 [c]2008 Warner Bros. Ent. Harry Potter Publishing Rights [c] J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and [c] Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 学校内には思春期の恋の病が蔓延 [c]2008 Warner Bros. Ent. Harry Potter Publishing Rights [c] J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and [c] Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

「ハリー・ポッター」シリーズ待望の第6作目「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の最新予告編が届いた。

公開が先延ばしになりファンをやきもきさせた本作だが、来年2009年7月17日(金)に日本で公開されることが決定。5作目「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を監督したデビッド・イェーツが本作でも再びメガホンをとっている。「ハリー・ポッター」シリーズらしい重厚で雰囲気のある画作りとコメディのノリは健在で期待が高まる。予告編内では“飲むと理由もなく誰かに夢中になる”魔法薬が登場。ハリーの困った顔が見られるので注目。

今回もダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、そしてエマ・ワトソンが若き魔法使い、ハリー、ロン、ハーマイオニーとして出演。ヴォルデモート卿の復活によって引き起こされる新たな難問と危険に直面する。また、おなじみの豪華キャスト陣に加え、「アイリス」でアカデミー賞を受賞したジム・ブロードベント、「クィーン」のヘレン・マックロリーといった2人の名優が新たに参加している。

本作の劇場前売チケットには、“ハリー・ポッター特製マフラー携帯ストラップ”が付いてくる先着限定の特典(料金は一般券が1300円、ジュニア券が800円)があるので“絶対行く!”人はお早めに。来年の夏までまだしばらくあるが、それまで首を長くして待とう。

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」は丸の内ピカデリーほか全国ロードショー【MovieWalker】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報