加山雄三&TUBE&キマグレンがサザンの名曲をメドレーで披露!!

「湘南に愛をこめて」に出演する加山雄三、TUBE、キマグレン
  • 「湘南に愛をこめて」に出演する加山雄三、TUBE、キマグレン

BS民放5局(BS日テレ、BS朝日、BS-TBS、BSジャパン、BSフジ)は、BSデジタル放送開始10周年を記念した5局共同特別番組「ヒューマン・コラボレーション~挑み続ける人々・テイクオフの瞬間」の制作発表を横浜市内にて開催。会場にはBS朝日で放送される「湘南に愛をこめて」編に出演する加山雄三、TUBE、キマグレンが登壇し、サザンオールスターズの名曲を熱唱した。

同番組は、12月31日(金)を除く、12月29日(水)から2011年1月3日(月)まで放送される特別企画で、さまざまな分野の才能が出会い、語り合い、接し合うことで、新しい次元へ羽ばたこうとする“テイクオフ”の瞬間を描き出すヒューマンドキュメンタリー。俳優・向井理が宇宙科学研究者を訪ねるほか、韓国女優のチェ・ジウが韓国の世界遺産を案内するなど、それぞれの番組でインタビューや密着取材、対談などを行う。

今回、BSデジタルが10周年、加山が芸能生活50周年、TUBEがデビュー25年、キマグレンが結成5年と、それぞれメモリアルイヤーであることから3組の共演が実現。メモリアルイヤーを迎えて、KUREIは「まだ結成5年ですけど、これだけ近くにお手本がいると、25周年、50周年経ったときにこういう感じになれてたら良いなと思えますね」と大先輩を前に緊張の様子。一方、加山は「50年、大勢の方に支えられたことに対しての感謝の気持ちを持つと、自分への勇気やエネルギーがわいてきますね。感謝の心は大事だということを、この大きな節目ですごく感じました。50年というと半世紀を、反省してます」とダジャレを披露。2組が先輩にツッコミを入れられずにいると、加山は「つまんないよね、ごめんね(笑)」と大笑いした。

そんな中、大先輩との共演について、ISEKIが「テレビで見ていたアーティストの方とコラボできるのは本当に楽しみだし、楽しみたいなと思います」と語ると、これに対して、前田が「今回が初共演になるキマグレンも前から音楽は聞いていたし、加山さんはずっと背中を見させていただいていますからね。僕らの上にはサザンオールスターズもいるし、湘南のテーマっていうのは曲の中に大きな愛があって、僕は加山さんの曲にもキマグレンさんの曲にも深い愛を感じるし、僕たちもそれを曲に反映していきたいなって思いますね」と明かした。

番組中で披露するサザンオールスターズの「いとしのエリー」「チャコの海岸物語」の曲目は加山が選曲したそうで、その理由を加山は「桑田(佳祐)君は世界に通用するエンターテイナーだと思っていて、僕は彼をリスペクトしているから」と語り、続けて「桑田君はもう元気だよ。電話でも『すみません、心配かけて。もう元気なので大丈夫』って言うから安心してる。彼は紅白も狙ってるかもとおれは思ってるよ(笑)。早く出て来いよ~! 」と桑田との仲の良さも明らかにした。

最後に、加山は「国も年代も超えられるのが音楽の素晴らしいところだと思っているので、今回はかなり見ものだなと。充実した素晴らしい番組になっているので是非見てくださいね」と視聴者へメッセージを送った。

BS民放10周年5局共同特別番組
「ヒューマン・コラボレーション~挑み続ける人々・テイクオフの瞬間」
2010年12月29日(水)~2011年1月3日(月)夜9:00-11:00
※12月31日(金)を除く

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報