[湯シュラン(8)]友の湯 〜鉄道博物館に匹敵!? マニア垂涎の銭湯

超本格的!さすが1000万円かかってます
  • 超本格的!さすが1000万円かかってます

■やついいちろうの勝手に湯シュラン(8)

今回は、鉄道ファンに大変有名な銭湯「友の湯」。なんと日本初の鉄道銭湯! ロビーには9畳分のスペースの鉄道模型がドカーンとお出迎え。驚くなかれ、約1000万円もかかったらしい。相当な鉄道マニアなのかと思ったら、「昔はそこまで好きじゃなかった」とご主人のびっくりなひと言。お湯にだけこだわっていてはお客様が来ないと考え、15年前の改修の際に「鉄道だ!」と閃いたそうです。いまやHOゲージが約200台もある立派な鉄道銭湯に。

昨今は鉄道ブーム。さすがの先見性です。「タモリ倶楽部」でもおなじみの鉄道大好き芸人・ダーリンハニーの吉川に聞いたら「知ってますよ! もちろん」とテンションが上がってしまうほど、マニアにとって、一度は行きたい銭湯なんです。しかし、奥さんはあまり興味がないらしく、ロビーにクマやネコのデカイぬいぐるみを置いて鉄道と戦っていました。もちろん、お湯にもこだわっていて、23年前に肌をスベスベにしてくれる軟水湯を業界初導入! 鉄ちゃん・鉄子、銭湯ファンに愛される、大満足の銭湯でした。【東京ウォーカー】

●エレキコミック やついいちろう…お笑いコンビ「エレキコミック」の髪がもっさとしている方。トゥインクル・コーポレーション所属

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報