映画「ソーシャル・ネットワーク」を関西ウォーカー執筆陣らが熱く語る!【後編】

友人のエドゥアルドと2人で作り上げてきた「Facebook」だったが、「ナップスター」の創業者、ショーン・パーカー(左)と出会ったことが2人の歯車を狂わせていく
  • 友人のエドゥアルドと2人で作り上げてきた「Facebook」だったが、「ナップスター」の創業者、ショーン・パーカー(左)と出会ったことが2人の歯車を狂わせていく

世界最大のソーシャルネットワークサービス、Facebookの誕生と成功の裏にある物語を描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」が2011年1/15から公開される。それに先立ち本誌連載「関西ITなう。」でおなじみのIT業界に造詣の深いメンバーと映画パーソナリティ・平野秀朗さんが熱いトークを繰り広げたイベントが12/13にUSTREAMスタジオ カフェ大阪(大阪市中央区)で開催された。そのトークを後編を公開!

<ゲスト>

魚井宏高(大阪電気通信大学教授)Twitterアカウント:@Sakanabone

ヒューマン・インターフェースを教えるかたわら、Apple系ポッドキャスト「ワンボタンの声」監修も

平野秀朗(映画パーソナリティ) Twitterアカウント:@Hirano_Hideaki

テレビやラジオ番組の制作を手がける一方、映画評論家としても活躍。本誌では「銀幕魂」連載中

山村和久(ワンボタンの声) Twitterアカウント:@yamamura

Appleファン向けインターネットラジオ「ワンボタンの声」を制作配信。興味のある方はぜひフォロー!

<司会>

玉置泰紀(関西ウォーカー編集長)Twitterアカウント:@tamatama2

「日本にFacebookは根付くのか」

玉置 本作で登場するFacebookは世界的には一番ユーザーが多いSNSになるわけですが、日本で本格的にFacebook時代が来る可能性はどうなんでしょうか。

平野 映画を観る限り、Facebookがどんどん伸びていったところにはやはりエロというものがあるということがわかりました。男女の出会い、下心が根底に流れているが故に爆発的にいった(笑)。

魚井 Facebookがスゴイのはザッカーバーグの実力もあるでしょうけど、これが流行ると考えるとサービスをドンドン追加していくところにあります。だから、Facebookのページを見ると収拾が付いていない。何をどうしたらいいかよく分からない人が結構いると思います。

玉置 マークが女の子と意思疎通ができないように、彼と僕ら利用者の間にコミュニケーションがとれていないということですか。マークは人間としては失格な感じがしますね。映画のキャッチコピーである「天才、裏切り者、億万長者」に「ダメな奴」というのも書き足してほしい(笑)。なのに、こいつの才能によっていろんなものが動いていくというのもこの映画のおもしろさですね。

「裁判記録があるから真実が描けた」

山村 Appleファンとしては、りんごマークがどこで出るか目を皿のようにして見ていたんですが。

玉置 VAIOははっきり映っていますからね。

平野 例のマークはちょっとは映るんですよね。

山村 上のところはね(笑)。

魚井 でも、明らかにあれだとはわかるよね(笑)。

山村 iPhoneらしきものも映るんですけど、はっきり映らないんですよ!

魚井 最後の方で出てくるか出てこないかぐらいで、最初はずっとBlackberryでしたね。

山村 ちなみに、ソーシャルストリームのツイートで、Wikipediaのザッカーバーグの写真にはAppleのノートを使っているとあります。

玉置 動かぬ証拠ですよ。それは。

魚井 ということは、あの時ガシャン!とやられたのは…

玉置 ITの世界って本当におもしろいと思うんですよ。絶対ジョブスの映画も作ればおもしろいと思うんですけどね。

平野 この映画はFacebookを巡って創始者が金でもめているという、裁判記録から映画を作っています。裁判記録は公のものなので嘘偽りのない宣誓のもとで証言した真実。いがみ合っていることを主題に描いていることがスゴイ。

玉置 最後に事実に基づいておもしろおかしく作っていますって出て来ますね。

魚井 一応ね(笑)。マークが訴えられているから、こういう記録が出てくる。スティーブ・ジョブスは訴えられていないから記録がないので映画が作れないんですよ。

平野 真実が見えてこないわけですね。

「ラストシーンに注目」

平野 最近の映画の主流になっているのが、観客の情報処理能力を超えるスピードで台詞や映像を展開すると、よく分からないけどおもしろかった、かっこよかったと感じる風潮があります。今回の映画もそういう手法を使っていると思います。全体的な構成はスラムドッグ$ミリオネアというダニー・ホールのアカデミー賞受賞作を意識している。フィンチャーは賞を取れるトレンドをつかんで、賞を狙いに来た感じがします。

玉置 会場に聞いてみましょう。ソーシャル・ネットワーク、おもしろかった人?全員が手を挙げました。好き嫌いはあるかも知れないけど、何か引っかかってくるものはあるでしょう。

平野 派手なアクションシーンはないけど、言葉と人間の心の動きがアクション映画並みに速いんですよね。

山村 予告編は感動的に描かれているけど、もっと気楽に見られる作品。ある種お笑いだと思ってみても楽しめます。M1よりおもしろいですよ。

魚井 やっぱり最後のシーンが印象的です。

平野 あそこは作り手のメッセージではないかと思います。そこに救いがあるのでは。さんざんいがみ合って殺伐とした描き方をしておきながら、ラストで救いを与えると見終わった感想がすごくよくなるんですよ。

玉置 どう描かれているかは映画を観てのお楽しみということにしておきます。

(終わり)

※前編はコチラ!

http://news.walkerplus.com/2011/0107/23/

【取材・構成=鳴川和代】

●参考サイト
映画「ソーシャル・ネットワーク」公式サイト
http://www.socialnetwork-movie.jp/
Facebook
http://www.facebook.com/
Wikipediaマーク・ザッカーバーグ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0

キーワード

[PR] おすすめ情報