販売好調! 話題の「トヨタ・iQ」試乗レポート

とってもコンパクトなボディ!デザインは秀逸だ
  • とってもコンパクトなボディ!デザインは秀逸だ

全長3m以下のコンパクトボディで4人乗車と、優れた経済性&高い安全性を実現したトヨタiQ。ことしの日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝き、発売1か月の受注が8000台と目標の3倍以上となる好調なスタートを切っている。そんな話題のクルマに、東京ウォーカー読者が試乗体験してきた。ドライバーは運転歴5年の滝本美紗さん(25歳/フリーター)。指南役の自動車ライター酒井英夫氏とのレポートをお届けしよう。

[酒井(以下 酒)] iQはとにかくボディが小さいのが特徴。その分車重が軽く、燃費も23�/リットルと優秀です。

[滝本(以下 滝)] 小さいというか、短すぎる!おもちゃみたい(笑)。正面は普通なのに、横から見ると後ろが短くてバランスがヘン。でも顔はカワイイ、という感じじゃなくて、印象に残りそう。いろいろ凝ってる感じはしますね。

[酒] では乗り込んでみましょう。

[滝] 運転席はいたって普通。前を向いていれば小さなクルマに乗っている感じはしません。内装とかも安っぽいところはないし、結構イケるかも(笑)。

[酒] 助手席の前を大きくえぐって、スペースを生み出してますね。

[滝] ホント、助手席は足元も広い。後席はどうなんでしょう。

[酒] じゃ、ボクが助手席に普通の姿勢で座ってみますね。

[滝] (後席に移って)助手席側の後席は大人でも大丈夫ですね。でも運転席側は男性だときつそう。

[酒] 170�のボクでも足元がキツイから、上体が起きぎみになって頭もつかえますね〜。ヨーロッパでは大人3人+子供1人の乗車定員で販売されるらしいので、そのあたりが現実的なのかもしれません。

[滝] 走りも全体にしっかりした感じですね。変速ショックもなくてスムーズだし、ブレーキも確実。ボディが小さいから楽に曲がれるし、とても運転しやすいです。これで燃費がいいなら、営業まわりなどの社用車にもいいんじゃないかなあ(笑)。

68馬力の1リットルエンジンとCVT(自動無段変速機)の組み合わせのみだが、車重が890kgと軽いので、走りは活発のようだ。試乗を終えた滝本さんに気に入った点を聞くと「見た目の小ささに驚きましたが、小回りがきいて運転しやすいし、2人乗りメインならアリかも」とのこと。話題をさらっているトヨタのiQ、ぜひみなさんも一度試乗してみてはいかがだろう。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報