二宮和也が人生初手作りケーキをプレゼントしたお相手とは?

成人を迎えた際「選挙に行こうと思った」と真面目な一面を見せた松山ケンイチ
  • 成人を迎えた際「選挙に行こうと思った」と真面目な一面を見せた松山ケンイチ

極限状態での人間ドラマと過激なアクションを描き、同名漫画を実写化した『GANTZ』(1月29日公開)の“星人式”が成人の日となる1月10日に、六本木ヒルズアリーナで行われ、出演の二宮和也、松山ケンイチ、本郷奏多が登場した。

この日は成人の日ということもあり、成人式後に会場を訪れた着物姿のファンも見られた。今年、めでたく成人式を迎えた本郷は「成人になったからと言って、なにも変わらない」と、いたって普通な様子。仙台出身の本郷だが、「成人式って、招待状みたいなの来ますよね?僕は元々、仙台の人で今は東京に出てきてしまっているんですけど、どっちからも招待状が来なくて(笑)。なので、この“星人式”に招いていただかなかったら、家で体育座りしていました」と明かし、同イベントに感謝した。自身の成人式を振り返り、二宮は「僕はV6の長野博先輩に立ち会っていただいて、松本(潤)くんと迎えた。『行動範囲が広がると思うので、仲間内で楽しく仕事ができたらいいですね』と話した気がする」と話し、松山は「僕は車の再試験で成人式に出られなかった。だから今日が初めての“星人式”」と嬉しそうに話した。

本郷は人生の先輩となる二宮と松山について、「俳優としてすごく尊敬している。僕がひとりでいても声を掛けて下さったりと、現場全体をちゃんと見て引っ張っていっていて、『流石、主演のおふたりだな』と思いながら、一緒に仕事をさせていただきました」と尊敬の眼差しを向けた。その本郷を二宮は「10代の頃からしっかり働いていますし、大人の世界にずっといた人なので、本郷成人はもう立派な大人なんですよ」と褒め、松山は「(本郷が本作で演じる)西くんは超ハマり役。マンガから出てきたような感じなので、『GANTZ』以外でもどんどんハマり役を作っていってもらいたい」とエールを送った。

主演を務めた玄野計役の二宮は同作について、「PG12というものが付いていて、命ある者が戦う、痛みや重さを知っていただきたい。もっと真剣にそのことを訴えていきたいということで付いているPG12なので、12歳以下のお子さんは親御さんと一緒に観に来てほしいですね」と呼び掛けた。撮影中に誕生日を迎えた松山へ、二宮が人生初の手作りケーキをプレゼントしたというエピソードも披露され、仲の良さを伺わせた。

同作のスケールは1作に収まらず、2部作となっている。2作目となる『GANTZ PART2』は4月23日(土)公開予定だ。また、1月20日(木)には二宮&松山のふたりによる史上初の日米同時舞台挨拶が行われるほか、実際に撮影で使用したGANTZ玉、スーツ、武器を乗せたGANTZトレーラーが1月10日から4月23日(土)まで全国を周ることも決定した。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報