松平健が『豆富小僧』で声優初挑戦!頑固親父妖怪役を熱演

声優初挑戦となる松平健
  • 声優初挑戦となる松平健

京極夏彦の小説『豆腐小僧双六道中ふりだし』をアニメ映画化し、深田恭子&武田鉄矢が声優を務める『豆富小僧』(GW公開)。同作の主人公、豆富小僧(深田)の父親で、妖怪の総大将である、見越し入道の声を松平健が務めることが決まった。

人間と妖怪が共に暮らしていた頃の江戸時代へさかのぼる同作。お盆に載せた豆腐を持つだけがとりえの豆富小僧は、間の抜けた外見と、弱虫な性格から全く人間を怖がらせることができず、父親である見越し入道に怒られ、他の妖怪たちからも馬鹿にされている。母親がいない豆富小僧は、「おっかさんを探しに行こう!」と旅に出るところから物語が始まる。

本作で声優初挑戦となる松平は、「私が演じた見越し入道と、息子である豆富小僧との関係を見て、子供は純粋だと感じた。その純粋な気持ちを大切にしないといけないと思いました。最近は、怒鳴る頑固親父がいなくなったように感じるのですが、時には怒鳴ることも、親子の関係を築くという意味では大事なのかなと思いました」と、私生活でも父親である松平ならではのコメント。

同作のエグゼクティブプロデューサー小岩井宏悦は、松平健起用の理由として「主役である豆富小僧に『このおから頭があ!』と怒鳴る時に誰が一番怖いかと想像した時、松平さんがすぐに思い浮かびました。そして何よりも重要なことは、『真剣に怒るってことは、その裏に父親としての愛情があふれている』ということなので、その意味でも愛情深い人柄がにじみ出ている松平さんしかいませんでした」と即決だったことを明かした。

劇場公開用長編3Dアニメーション映画として製作される同作は、GWロードショーを目指す。【Movie Walker】

予告編はこちらから

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報