木村祐一監督作で共演した村上純、高岡蒼甫が熱く語る“いい女”

『ワラライフ!!』で共演した村上純(右)と高岡蒼甫
  • 『ワラライフ!!』で共演した村上純(右)と高岡蒼甫

お笑い芸人・木村祐一監督作『ワラライフ!!』(1月29日公開)で、映画初主演を務めたお笑いコンビ、しずるの村上純と、共演の高岡蒼甫にインタビュー。ふたりは劇中に登場するヒロインをべたぼめし、“いい女論”に花を咲かせた。

本作は、木村監督自身の体験談を織り交ぜた温かなドラマだ。『ワラライフ!!』とは“What a wonderful life!!”の略で、日常の小さな喜びに大きな幸せを感じた瞬間に思わず叫んでしまう言葉のこと。村上扮する主人公・古川修一が、両親の引っ越しを機に実家に帰って来て、家族と暮らしてきた日々に思いをはせる。高岡蒼甫は、疎遠になってしまった修一の幼なじみ・小倉弘之役を演じた。

主演に大抜擢された村上は、最初に相当プレッシャーを感じたようだ。「初めての映画で初めての主演、しかも木村さんという先輩の監督作で、主要キャストに芸人がいない。考えることが多すぎて処理しきれず、一回は投げました(苦笑)。それから気をとり直してセリフを覚え、とりあえず現場で木村監督に聞こうと。だって、無理ですよ。天才子役じゃないんだから。でも、逆にどういう緊張をして良いかわからなくて、行ったとこ勝負でした」。

そんな村上に対して高岡はこう話す。「一つ一つの動作やセリフがナチュラルな方だなって思いました。本当に修一になりきってるなあと。ぼそぼそって話すけど、伝わることは伝わるし、うまいこと進むんです。だから僕も、良い意味で力を入れないで演じられました」。

それを受けて、村上は「いや、それは高岡さんが先に引っ張ってくれたからですよ」と照れながら言うと、高岡が笑顔で「ほめ合いましたね(笑)。でも本当に心地良かったです。要所、要所で人間味が出ていました」と語った。

映画の見どころについて、高岡は自分のシーンではなく、修一と、香椎由宇扮する恋人まりとの関係性を挙げた。「ふたりの関係がすごく好きです。けんかしても『けんかじゃない』って言うところとか。流れに身を任せる男に、こういう女性がついてたらやばいなって思いますね。すごく柔軟で、ふたりの関係性が見てて楽しかったです」と言うと、村上も「いい女ですね」とうなずく。

村上は、演じた香椎由宇についても絶賛。「実際に、撮影の裏でもそうでしたよ。香椎さんはテストの時からずっと落ち着いていて。僕はいつも香椎さんのシャツのすそを持ってついていった感じです。彼女は年下なのに、地に足が付きまくってるんです(笑)。どんなにレールを動かしても、こっちに動かせないみたいな感じでした」。

それを聞いた高岡が悟ったような表情で、「やはり男と女の関係性って、女は根っこで男は枝葉なんですよね。男ってちょっと良いものを見たら、ふらーってどこかへ行ってしまう。でも彼女がちゃんと導いて気づかせてくれるんですよね」と言うと、村上も「でも、押し付けがましくない。彼女の言ってることは正しいけど、それを押し付けたりはしない。リアルにいい女です」と、言葉をかみしめるように語ったのが印象的だった。

最後に、ふたりにキーワード『ワラライフ!!』について聞いてみた。高岡は「生きていくうえでの感じ方かなと思います」と答え、村上は自身のツイッターをアピールした。「僕は毎日、気づいたワラライフ!!をつぶやいてるんです。意識してみたら、結構ワラライフ!!なことってあるんですよね。見過ごそうと思ったら見過ごしてしまうけど、そこに気づけるかどうかですね」。

木村監督の思い入れの深い本作のテーマを、ふたりは十二分に感じとっているようだった。監督が舞台挨拶で「脚本に共感していただけると確信した方にオファーした」と語っていたのも納得だ。是非、彼らが体現した『ワラライフ!!』を見て、日常における幸せ探しをしてみてほしい。【Movie Walker/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報