レディー・ガガの初プロデュース香水は血と精液の香り?

香水界にも殴り込みをかけるつもりのようだ
  • 香水界にも殴り込みをかけるつもりのようだ

世界最大手の香水メーカーの1つであるコーティ社とレディー・ガガが契約を交わし、オリジナルの香水を発売すると発表した時には、しょせんガガも右にならえで、他のセレブと同じことをするのね、という醒めた声もあったが、さすがは生肉ドレスのガガである。MTV.comによれば、彼女は血と精液のにおいのする香水を作るようにコーティ社に依頼しているという。

キム・カーダシアンやブリトニー・スピアーズ、リアーナらがフローラル系の香水を発表している中で、血と精液の香りという、いかにも衝撃的なアイデアのように聞こえるが、実は以前、デザイナーのラッド・フラーニもオリジナルの香水を開発するにあたって、精液のにおいをイメージとして挙げたことがあったそうだ。

昨年の秋に香水初プロデュースを発表した際には、これまでにない個性的な香水を作りたいと主張していたガガ。精液と血液のダブルパンチで、香水界にも殴り込みをかけるつもりのようだ。“モンスター”と名付けられたガガの香水は、2012年春に発売予定になっている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報