全米でヒット中『ヨギ&ブーブー わんぱく大作戦』の予告編が到着!

日本では1960年代に「クマゴロー」の名前でテレビ放送されていた
  • 日本では1960年代に「クマゴロー」の名前でテレビ放送されていた

世界各国で親しまれる「ヨギ・ベア」の映画化『ヨギ&ブーブー わんぱく大作戦』(4月2日公開)の予告編が到着した。

昨年12月17日より全米公開された本作は、全米週末興行成績ランキングによると、公開時、ディズニー配給の『トロン:レガシー』(10)に次いで2位、翌2週目は1週前に公開していた『ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島』(2月25日公開)に押され5位と転落したが、3週目には4位と浮上し、その後も続々大作が公開する中で4週目、5週目ともに8位をキープ。6週目(1月21日から23日)には『トロン:レガシー』を抜いて9位となるトップテン入りを果たし、根強い人気が続いている。

「トムとジェリー」の生みの親として世界的に有名なハンナ・バーベラ・プロダクションが誇る名作アニメーション「ヨギ・ベア」を3DとCG映像を駆使してリメイクしたのは、アカデミー賞受賞者のエリック・ブレヴィグ監督。数多くの批評家より、「CGアニメと実写の映像が一緒になった映画はこれまでにも数多く作られてきたが、これほどまで違和感なく融合した作品は初めて」と評されるほど完成度の高い作品となっている。

また、本作のヒットの裏には、「ヨギ・ベア」が名作アニメの枠を超え、「ヨギ・ベア」を知らなかった世代にも愛されるキャラクターへと進化したことが挙げられる。今や子供たちに大人気であり、森林保護のテーマなど大人にも楽しめるストーリー展開が好評を博し、子供に見せたい映画として人気を確立している。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報