筋肉・血行・代謝がカギ! 運動好きは“肌のほめられ率”高し

調査で、運動している女性は、運動しない女性の1.5倍、“肌のほめられ率”が高いことが判明!
  • 調査で、運動している女性は、運動しない女性の1.5倍、“肌のほめられ率”が高いことが判明!

あなたは“美肌”のために何をしていますか? 今回、25~44歳の女性500人にアンケートを実施したところ、運動している女性は、運動しない女性の1.5倍、“肌のほめられ率”が高いことが判明。多くの女性が、運動と美肌には関係性があると感じていることが分かった。

スキンケア&メイク用品を扱うブランド「SUQQU」は、今回、25~44歳の女性500人(定期的に運動をしている人:250人、定期的に運動をしていない人:250人)を対象に、「運動」に関する比較調査を実施。(定期的に・週に1回以上)「運動をしている人」と「運動をしていない人」それぞれに、「肌の状態」について聞いたところ、「肌をほめられることが多い」と回答した人は、「運動をしていない人」が42%であるのに対し、「運動をしている人」は60%で1.5倍という結果となった。中でも、「運動をしている」40~44歳は、57%が「肌をほめられることが多い」と回答するなど、自信アリな様子で、「運動をしていない」25~29歳の女性より、“肌のほめられ率”が11%も高い結果に。

そこで、「運動をしている人」に対して、「運動は美肌に効果的だと思いますか?」と、ズバリ聞いたところ、92%(!)もの人が「思う」と回答。理由としては、「筋肉を鍛えることで肌にハリが出ると思う(34歳・千葉県)」、「血行を良くし、汗をかくことで代謝を上げるから(37歳・愛知県)」などの声が寄せられた。どうやら、『筋肉』・『血行』・『代謝』は、「運動」と「美肌」をつなぐ重要なキーワードのようだ。

また、運動をしている人と、そうでない人では、身体面でどのような違いがあるのか聞いたところ、「疲れにくい」と答えた人は、「運動をしていない人」が16%であるのに対し、「運動をしている人」は43%と、2倍以上の差。科学的な根拠の有無に関わらず、運動をすることで、「身体が疲れにくくなり、美肌になる」と、多くの人に実感されていることが同調査では分かった。

ちなみに調査で人気だった運動の内容は、「ストレッチ」「ウォーキング」「筋力トレーニング」など、比較的負荷の少ないものだったが、軽い運動でも、肌へのプラスの影響は期待できるようなので、美肌を目指す人はさっそく、日常に運動を取り入れてみては? 【東京ウォーカー】

◆調査概要
調査対象:25~44歳 女性500名〔定期的(週に1回以上)に運動をしている人:250名、定期的に運動をしていない人:250名〕
調査期間:2011年1月13日(木)~14日(金) 
調査方法:インターネット

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報