「生涯しゃべる仕事をしたい」と羽鳥慎一アナが展望を語る!

会見で退社理由や今後の抱負を語った羽鳥慎一アナ
  • 会見で退社理由や今後の抱負を語った羽鳥慎一アナ

日本テレビの羽鳥慎一アナウンサーが1月27日、同局で会見を行い、退社理由や今後の抱負を語った。

取材陣の前に緊張した面持ちで登場した羽鳥アナは、「私、3月末をもって、日本テレビを退社することを決意致しました。理由はいくつかありますが、主なものは、3月に40歳になります。40歳という人生の節目で自分の可能性を試してみようと思いまして、決断致しました。柔軟に動けるうちに挑戦してみようと…。さらに、生涯、しゃべる仕事を続けていきたいという思いで、日本テレビの外に出て、今までできなかった経験をして、自分自身を鍛えてみようと思って決意しました」とコメント。

今後の活動のビジョンについては「具体的には、ないですけども3月末までは日本テレビの社員ですので、今ある番組を全力で続けさせて頂いて、それ以降は、何ができるのか僕も楽しみで、日本テレビではできなかった番組もやっていきたいなって思っています」と心境を明かした。

さらに、「ズームイン!! SUPER」の後継番組「ZIP!」の総合司会を務めることになった桝太一アナウンサーに対し、「不安がいっぱいだと思うんですけど、長い時間は掛かるとは思うんですけど、関根麻里さんというパートナーもいますし、焦らないで時間を掛けていけば、僕もそうだったようにいつか桝の特色が出せると思うので、短期間で結果を出そうと思わないで、頑張ってほしい」と温かいエールを送った。

キーワード

[PR] おすすめ情報