V6・森田剛が坊主頭で役者魂をみせる!

柏木を演じる高岡蒼甫
  • 柏木を演じる高岡蒼甫

KAAT神奈川芸術劇場のこけら落とし公演「金閣寺」の公開舞台稽古が1月28日、神奈川県横浜市にて行われ、主演のV6・森田剛、高岡蒼甫、大東俊介、演出家の宮本亜門らが囲み取材に応じた。

本作はKAAT神奈川芸術劇場のオープニング・ラインナップNIPPON文学シリーズ公演の第一弾。三島由紀夫の名作「金閣寺」を舞台化。宮本が演出を担当する。

森田は役作りのため、坊主頭に。坊主頭にしたのは「5年ぶりくらいですね。V6のメンバーは『いいね!』って喜んでました」と照れ笑い。また、原作を読み込むなどの役作りは「あえて読んでないです。宮本さんに、ついていこうと思ったんで」と全幅の信頼を置いていることを明かした。

宮本は森田の印象について「森田さん…面白かった! 役者として、すごいという噂を聞いていたし、舞台も見ていたけど、いい役者だよね。芯があって、何か違うと思ったら全部意見言うし、すごい楽しかった」と役者・森田の才能にほれ込んでいた。

本舞台では、演者が劇中にMCを担当したり、スピーディーなセットの移動を行ったりと、今までにない演出が魅力となっている。演出を担当した宮本は「役者として、やることが山のようにある舞台で、普通のお芝居の何倍も大変だったと思う」と語り、森田ら出演者に対して「走り込みをするように」と体力作りを命じていたという。森田も宮本の演出に「体も使いますし、頭も使いますしね…」と疲労を隠せない様子だった。また、大東と高岡の2人は劇中にMCも担当。「マイクが、ツルツルと汗で滑って、大変だった」と大東は見えないところでの苦労を語り、高岡は「自分の役に集中したいから」と最初は出演を断ったことを明かした。ただ、宮本の熱意ある説得に「自分にとっても、プラスになるならやりたいな」と気持ちが揺れ動き、出演に至ったそう。実際に劇中では、森田演じる主人公・溝口の心境を2人が巧に読み分けて、抜群のチームワークで劇を盛り上げていた。

森田、大東、高岡の3人はプライベートでも仲が良く、3人で横浜の中華街に食事へ行った時は「出てきたご飯に手をつけないで、お互いのことを熱く語っていました!」と大東が明かし、団結力をアピール。森田も「金閣寺きっかけに2人に出会えて良かったです」としみじみと語った。

この3人と仕事をできたことに対し宮本は「三人三様で、本当に真剣に打ち込んでいるので、三人のおかげで助けられたというか、本当にいい稽古をさせてもらった。僕も考えさせられたし、すごく感謝しています」と改まった様子だった。

「金閣寺」
出演:森田剛 高岡蒼甫 大東俊介
演出:宮本亜門
原作:三島由紀夫

【神奈川芸術劇場オープニングラインナップ NIPPON文学シリーズ】
1月29日(土)~2月14日(月) KAAT神奈川芸術劇場ホール

【松本公演】
2月19日(土)~2月20日(日) まつもと市民芸術館

【福岡公園】
2月25日(金)~2月27日(日) キャナルシティ劇場

【名古屋公園】
3月5日(土)~3月6日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール

【大阪公園】
3月10日(木)~3月13日(日) 梅田芸術劇場メインホール

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報