松田聖子やシンディ・ローパーらがゲスト出演した「BONES」のDVDリリース&レンタル決定!

日本人ジャーナリスト役で第15話に出演している松田聖子
  • 日本人ジャーナリスト役で第15話に出演している松田聖子

骨に残されたわずかなメッセージを科学的に分析し、凶悪犯罪の真相をえぐり出す緊迫のクライムサスペンス「BONES 骨は語る シーズン5」の第15話「魂の伴侶」(FOX TVでは今週が初回放送)に、日本を代表する女優で歌手の松田聖子が出演している。

松田は、日本人ジャーナリストのRiku Iwanaga役で登場。ブレナン博士の執筆した本に魅了され、取材したい一心で渡米してきた人物という設定だ。レストランでのインタビュー中にアメリカでは珍しい大地震が発生。揺れが原因となって地下鉄付近の水道管が破裂し、水に押し出されて水路から人骨が流れ出るという事件が起こる。このエピソードでは、小説への取材を通して、改めてお互いを見つめ合う登場人物たちの姿と、タイトルの通り、時代や国境を超えて、生まれ変わっても深い絆で結ばれるパートナー“魂の伴侶=ソウルメイト”との出会いのテーマになっており、事件を通して大きく成長する心理学者スイーツの姿が感動を呼ぶ物語だ。

第15話を監督した俳優のチャド・ロウに撮影現場での松田について問うと、「撮影後に『あなたは素晴らしい俳優だ!』と言ったんだよ。優秀な俳優というものは、何もしていないと感じるくらい演技を容易に見せるものだけど、聖子には間違いなくその能力があるよ。しかも異文化に囲まれ、母国語でない言葉で演技をして、立ち位置や照明まで計算して指示通りに身体を動かす。これは本当に難しいことなんだ。それを全てきちんととこなした彼女を僕は高く評価しているよ」と絶賛だ。主演のブレナン博士を演じるエミリー・デシャネルも「スウィートで、ラブリーで、そしてプロフェッショナルだった」と評価。また、「聖子は信じられないぐらい素晴らしく美しい肌と髪の持ち主だが、日本には何か特別な技術があるのかしら」と、その美貌にも興味津々だったという。アンジェラ役のミカエラ・コンリンも、「彼女は本当にプロ意識が高かったわ。自分以外のところまで全てのセリフを覚えているのよ。とにかく素晴らしい女性ね」とすっかり感心していた。

また、第1話「楽園の果て」には歌手で女優のシンディ・ローパーがイメージにぴったりなタロット占いを操る霊能者役でゲスト出演し、第10話「聖夜の誓い」にはエミリー・デシャネルの実妹で、『(500)日のサマー』のサマー・フィン役ズーイー・デシャネルも登場している。ハリウッドスターらも認めた松田聖子が熱演する第15話「魂の伴侶」は4月2日(土)にレンタルスタートするVol.8に収録される。「BONES 骨は語る シーズン5 DVDコレクターズBOX」は4月2日(土)より発売だ。【Movie Walker】

■BONES 骨は語る シーズン5
DVDコレクターズBOX
発売日:4月2日(土)
価格:18,480円
レンタル:VOL1-3 2月23日(水)、VOL4-6 3月2日(水)、VOL7-11 4月2日(土)
発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

キーワード

[PR] おすすめ情報