展覧会史上初となる仏像と漫画のコラボ!「手塚治虫のブッタ展」開催決定

展覧会では手塚治虫の「ブッダ」の直筆原画と、重要文化財を含む仏像によってブッダの生涯をたどる
  • 展覧会では手塚治虫の「ブッダ」の直筆原画と、重要文化財を含む仏像によってブッダの生涯をたどる

手塚治虫の最高傑作と称えられ、発行部数2000万部を誇る大ベストセラーコミックを初映像化した『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』(5月28日公開)の公開を記念し、4月26日(火)から6月26日(日)まで、東京国立博物館で特別展「手塚治虫のブッタ展」を開催することが決定した。

長編作品としてはキャリア最長となる10年もの歳月を連載に費やし、まさに人生をかけて挑んだ同作は、ブッダの生涯を説話に基づいてなぞったものではなく、独自のドラマを構築し圧倒的なエンターテインメントとして、長く読み継がれてきた。映画は全3部作を予定しており、第1部となる本作は、後にブッダとなるシッダールタの恋と戦い、青春の物語が綴られる。手塚の永遠のテーマ“命の尊さ”が最も色濃く現れた、混迷の時代と言われる“今”を生き抜く力を与えてくれる作品となっている。

本展は、漫画の神様・手塚の漫画「ブッダ」の直筆原画約50点と、重要文化財を含むガンダーラや日本の美しい仏像約15点によって、ブッダの生涯をたどる日本初の試みとなっている。手塚がイメージしたブッダの世界観を実際に体感し、殺伐とした現代に生きる我々に改めて生命の尊さを問いかける企画展だ。

また、今回のコラボレーションを記念して、映画と展覧会のセット券を2月11日(祝)より発売を開始する。【Movie Walker】

■特別展「手塚治虫のブッダ展」
開催期間:4月26日(火)から6月26日(日)※月曜休館
会場:東京国立博物館 本館特別5室
開館時間:9:30から17:00まで(入館は閉館30分前まで)
観覧料:一般800円(700円)、大学生600円(500円)、高校生400円(300円)、中学生以下無料※( )内は前売(3月1日から4月25日まで販売)及び20名以上の団体料金
主催:東京国立博物館、東映、TBS
後援:読売新聞社
協力:手塚プロダクション、日本通運、(財)全日本仏教会

■『手塚治虫のブッダ』映画×展覧会 コラボチケット
価格:1,800円※映画『手塚治虫のブッダ』と展覧会「手塚治虫のブッダ展」のセット券
販売期間:2月11日(祝)から5月27日(金)まで

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報