上戸彩「これ着たい!」ウエディングドレス新作発表会

自身がプロデュースしたウエディングドレスを着て登場する上戸彩
  • 自身がプロデュースしたウエディングドレスを着て登場する上戸彩

ウエディングドレスショップ・ジョイフル恵利は、上戸彩がプロデュースするウエディングドレスブランド「U(ユー) AYA UETO DRESSES」の5thコレクション記者発表会を2月1日、都内で行った。

発表会では、新作ドレス10デザイン14型を含む、過去発表分も含めた全26点をブライダルファッションショー形式で披露。上戸自身が2着のドレスを着て登場するほか、トークショーも行った。

第5弾となる今回のコレクションについて「正直こんなに続くと思ってなくて、いつも『これで終わるんじゃないか』と思って毎回心を込めて作っています。ありがたいことに5回目ということで、ネタ尽きて大変です(笑)」とコメントした。

今回のテーマについて「このブランドの名前は『いろんな方=あなた(You)に着ていただきたい』という気持ちから付けさせていただいたんですが、今回は『自分が着たいようなドレスを作ろう』と思って取り組みました」と告白。また、「(自分が着たいものだと)どうしてもシンプルなものが多くなってしまうので、生地の素材や光に当たった感じを考えてこれまで以上に高級感が出るように作りました」とこだわりを明かした。

また、次回作について聞かれると「皆さんからアイデアが欲しいくらい、いつも自分の中ではいっぱいいっぱいなんですが、数少ない知恵を絞って頑張ります。この後すぐ次回作の打ち合わせなんですが、どんなドレスになるか不安と楽しみと半々ですね」と笑顔で答えた。

最後に「たくさんの花嫁さんに着ていただけるように、これからも心を込めて一生懸命作っていきたいと思います。人生に一度きりの大切な時間のお手伝いができればと思っておりますので、ぜひ着てみてください」とPRした。

キーワード

[PR] おすすめ情報