ことしの「R-1ぐらんぷり」はトーナメント方式! 優勝者には関西テレビで冠番組を制作!

R-1ぐらんぷり決勝に臨む8人と司会を務める雨上がり決死隊、加藤綾子アナウンサー
  • R-1ぐらんぷり決勝に臨む8人と司会を務める雨上がり決死隊、加藤綾子アナウンサー

一人話芸の日本一を決める大会「R-1ぐらんぷり2011」の準決勝が、1月29日と30日に大阪と東京でそれぞれ開催され、決勝進出者が1月31日に決定。バッファロー吾郎・木村明浩や、COWCOW・山田與志らベテランのほか、2010年のM-1で準優勝したスリムクラブ・真栄田賢ら8人が決勝に進出した。

同大会は'02年から開催され、ことしで9回目を数える。今大会からは敗者復活戦となるサバイバルステージが廃止され、さらに、これまでの審査員が付ける得点で順位を決定した方式から、トーナメント方式に変更。決勝進出者8人が対戦して勝ち上がる形で開催される。そのため、優勝するためには1人3回のネタを披露しなくてはならず、ネタの豊富さ、披露する順番なども考慮に入れた戦いが繰り広げられることとなった。また、優勝者にはこれまで同様、賞金500万円が贈られるほか、ことしは、関西テレビで優勝者の冠番組を制作、放送されることも合わせて決定している。

31日に行われた決勝進出者発表会見では、トーナメントの枠決めが行われ、それぞれの対戦相手が決定。8人の芸人が、選択順が書かれたカプセルを選び、番号順に、A~Hまでの枠を選択した。1番を引いたナオユキはネタ順が5番目となるEの枠を選択し、その後、佐久間一行、バッファロー吾郎・木村、ヒューマン中村、スリムクラブ・真栄田、AMEMIYA、COWCOW・山田、最後にキャプテン渡辺の順番で選択し、対戦相手が決定した。

なお、決勝の模様は、2月11日(金・祝)の夜7時から関西テレビ・フジテレビ系で放送される。

「東洋水産PRESENTS R-1ぐらんぷり2011」
2月11日(金)夜7:00-8:54 関西テレビ・フジテレビ系で放送

キーワード

[PR] おすすめ情報