目指すはアンジェリーナ・ジョリー!? 「FACE-MAKER」の日向千歩直撃インタビュー!!

ドラマでは、応募総数1350人のオーディションを経て霧島京子役を射とめた日向千歩
  • ドラマでは、応募総数1350人のオーディションを経て霧島京子役を射とめた日向千歩

読売テレビ・日本テレビ系で放送された連続ドラマ「FACE-MAKER」のDVD-BOXが、3月16日(水)に発売されることが決定。天才美容整形外科医・霧島瞬(永井大)の助手・霧島京子役を、応募総数1350人のオーディションを経て射止めた日向千歩が、作品への思いなどを語った。

同作は、天才美容整形外科医・霧島瞬が主人公のサスペンスドラマ。霧島は整形をして理想の人生を歩みたいと願う患者の望みをかなえ、手術の料金を受け取る代わりに、報酬として患者のそれまでの顔を受け取る。日向が演じる霧島京子は、霧島の謎を知る唯一の存在として、霧島の助手を務める女性だ。

――まず、作品全体の印象をお教えください。

「いつも最後に想像と全然違った展開が待っているので、毎回驚かされる作品でした。作品を見る前は、整形することで人は変われるって思っていたんですけど、その考えが変わりましたね。整形しても、やっぱり自分が変わらないと。中身自体が変わらないと人は変わらないんだなって思いました。毎回、考えさせられる作品でした」

――オーディションで霧島京子役を射止めたときの気持ちはいかがでしたか?

「オーディション用に台本をいただいて、1シーンを読んだだけで『これからどうなるの!?』っていう内容だったので、絶対に京子役を取りたいと思っていたんです。でも、演技の上手な方がたくさんいらっしゃって、自分が通るとは思ってなかったので、決まったときには、自分の中で気持ちを整理するのが大変でしたね(笑)」

――京子を演じてきた中で、苦労したことはありますか?

「京子はわたしよりも年齢が上で、自分より年上の役は初めてだったんです。どうしたら京子らしさを出せるのか悩みましたね。でも、監督や永井さんから、『頭で考えずに自然に演じればいいよ。やっていくうちにきっとつかめるから』ってアドバイスを受けて。その言葉を受けて、少し自分の中で楽になれた部分はありました」

――ドラマの制作現場の雰囲気はどうでしたか?

「今でも思い出しただけで笑っちゃうんですけど(笑)。すごく楽しい現場でアットホームで、リラックスできる環境でした。撮影の合間のカメラテストでも、カメラの前で面白い顔とかして…楽しかったです」

――共演した永井大さんの印象をお教えください。

「明るい、というかおちゃめな方でした。スタッフの方にちょっかいを出してみたりとか(笑)。そうやって、いつも現場を和ませてくれる方でした」

――ドラマを通じて、自分が成長したと思う部分はありますか?

「自分ではなかなか…。でも、毎回京子たちを訪ねてくるゲストの方々がどういう気持ちでいるのかとか、自分の役以外の役の心情についても考えるようになりました。最初は、自分の役について考えることで必死だったんですけど、『この人はどういう気持ちで整形をしようと言っているのか』とか、それぞれのキャラクターについて深く考えるようになりました」

――もしも、「FACE-MAKER」のように、自分が全く別の人間に生まれ変われるとしたら?

「わたしはすごくかっこいい女性、外見も中身もかっこいい女性になりたいですね。アンジェリーナ・ジョリーさんみたいなパッチリした顔立ちで、エマ・ワトソンさんみたいなキュートな感じを残しつつ…。すっごいかっこいいドレスを着て、街を歩いてみたいですね。『わたしを見て!』みたいな(笑)」

――アンジェリーナ・ジョリーさんにあこがれているんですか?

「アクションシーンを演じられているのが、とにかくかっこよくて。映画の『Mr.&Mrs.スミス』(’05年)を見たときに、『なんてかっこいいんだ!』って思ったんです。すごく大変だと思うアクションシーンも軽やかに演じられていてすごいなって思います。もし、アクションのお仕事が来たら、絶対にやりたいと思います」

――運動神経はいい方なのですか?

「わたし、見た目はすごいおっとりした風に見られがちですけど、意外と活発で、プライベートでもよく泳ぎに行くんです。水泳は、行っていない日が1週間続いただけでも、爆発しちゃいます(笑)。風邪を引いて寝込んじゃったりしても、『外に出て走りたい!』ってなったりします。家でじっとしていられない性格なので、家にいられるのは夜だけですね。夜も、恐いから外に出られないっていうだけで、ホントは出たいんですけど(笑)」

――最後に、ドラマの見どころを教えてください。

「やっぱり、このドラマを見たら整形に対する考え方が変わるんじゃないかと思います。それに、人の生き方は『自分次第で変えることができる』ていうメッセージも伝わるんじゃないかな。京子については謎に包まれた存在ですが、仕事のときの落ち着いた京子とか、乙女な部分を見せる京子とか、いろいろな部分を見ながら『こんな人なんじゃないかな?』と推理しながら見ていただければうれしいです」

DVD「FACE-MAKER ディレクターズカット完全版DVD-BOX」
3月16日(水)発売
17850円
ポニーキャニオン

キーワード

[PR] おすすめ情報