竹内力のような男になるには「目標に向かってへこたれずにやっていくことだ!」

『ザ・タウン』の男性限定試写会トークイベントに登場した竹内力
  • 『ザ・タウン』の男性限定試写会トークイベントに登場した竹内力

ベン・アフレックが監督・脚本(共同)・主演を務める『ザ・タウン』(2月5日公開)の男性限定試写会トークイベントが2月2日、都内で行われ、特別ゲストとして竹内力が登壇した。

Vシネマの映画の制作会社をやっている竹内は、本作について、「監督・脚本・主演を務めるベン・アフレックは素晴らしい才能を持った方だと思った。映画を見て、実に驚いてため息が出た。日本の映画はもっと頑張らないとまずいと思う。『ザ・タウン』はリアルなアクションで、脚本が素晴らしいのでストーリー展開が面白い。キャスティングも素晴らしく、ずっしりとしたヒーロー像が、近年ない男の中の男という感じで格好良かった」と絶賛した。

“男の中の男”としても名高い竹内は、「主人公が新たな人生を歩もうとする葛藤を見てほしい。男としての生き様を格好良く、渋く描いている。自分の生活にも通じるものがある。人生の分岐点がたくさんあったが、プライドやポリシーを捨てることも前に進むためには仕方なかった」と、本作の男の見方を解説。

また、観客からの質疑応答で「竹内さんのような男の中の男になるには?」と問われた竹内は、「地道にコツコツと目標に向かってへこたれずにやっていくことだ!」と喝を入れ、「男たるもの女性に対してどうあるべきか?」という質問には「女性には優しく、思いやりを持って潔い男であるべきだ!」と明確に答え、「男としてこれは外せないということは?」の質問には「自分は九州から出てきて、ずっと仲間に支えられてきたので、大切な仲間を決して裏切らないことだ!」と、竹内らしい男の意見で観客を圧倒した。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報