泉見洋平、加藤和樹、紫吹淳、IZAMが着物姿でヒット祈願!

良知真次、加藤和樹、泉見洋平、紫吹淳、菊池美香(写真前列左から)、東山光明、IZAM、植木豪、土屋裕一、細貝圭(写真後列左から)
  • 良知真次、加藤和樹、泉見洋平、紫吹淳、菊池美香(写真前列左から)、東山光明、IZAM、植木豪、土屋裕一、細貝圭(写真後列左から)

舞台「陰陽師~Light and Shadow~」の製作発表が2月2日、東京の五方山熊野神社で行われ、泉見洋平、加藤和樹、紫吹淳、IZAMら10人の出演者が登場した。

本作は平安時代末期の陰陽師たちを描くロックミュージカル。この日製作発表が行われた五方山熊野神社は、陰陽師・安倍晴明ゆかりのパワースポットとして知られる神社で、出演者たちは全員あでやかな着物姿で公演のヒット祈願を行った。

陰陽師の三兄弟の次男役を演じる加藤和樹は、着物の感想を聞かれ、「背すじが自然と伸びる気がしますね。最近は“着物男子”なんて言葉もよく聞くし、自分で着られるようになりたいです」と笑顔。

永遠の命を持つ両性具有の“妖怪”を演じる紫吹淳は、「成人式の時には晴れ着が着られなかったので、このような格好ができて思いがかないました。“妖しく、美しく”をモットーに皆さんを翻弄(ほんろう)したい」と舞台に意欲を見せた。

また、恐妻キャラでおなじみのIZAMは、「ここはパワースポットなので、僕は家庭に使うパワーを充電したいです」と皆を笑わせていた。

なお、本作は4月7日(木)~17日(日)に新国立劇場にて上演される。

◎公演情報
DHE@stageプロデュース
舞台「陰陽師~Light and Shadow~」
公演日程:4月7日(木)~4月17日(日)全16公演
出演:泉見洋平、加藤和樹、良知真次、菊地美香、東山光明(Honey L Days)、 細貝圭、澪乃せいら、柿弘美(劇団クロックガールズ)、吉見一星、柴一平、西川卓、秋月淳司、木下あきら/植木豪(PaniCrew)、土屋裕一(*pnish*)/小山圭太、平江広宣/IZAM(ベニバラ兎団)/紫吹淳

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報