「江」の2番目の夫を発表!! EXILE・AKIRAが秀勝役で江との恋物語を演じる

江の第2の夫・羽柴(豊臣)秀勝を演じるEXILE・AKIRA
  • 江の第2の夫・羽柴(豊臣)秀勝を演じるEXILE・AKIRA

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で、上野樹里が演じる江姫の2番目の夫・羽柴(豊臣)秀勝役にEXILE・AKIRAが抜てきされたことが、2月4日、NHK放送センターより発表となった。AKIRAの出演は、5月1日(日)の第17話から。

秀吉の養子で快活な人柄という秀勝は、母・市(鈴木保奈美)を亡くし秀吉(岸谷五朗)の人質となった茶々(宮沢りえ)、初(水川あさみ)、江の三姉妹の下、“歯に衣着せぬ物言い”の快男児として登場。江は、出会ったそのときから気になる存在として、秀勝を意識する。第1の夫、佐治一成(平岳大)や、第3の夫・徳川秀忠(向井理)とともに、江をめぐる人間模様を支える。

秀勝のふん装については、秀勝の快活なイメージを引き出すため自身の長髪を生かし、まげを結う。また、江の恋の相手ということで、初恋の相手・織田信長(豊川悦司)のイメージと重なるよう、黒っぽい着物姿などで演じる予定となっている。撮影は2月中旬から開始し、約2カ月半を予定しているという。

秀勝を演じることとなったAKIRAは、「初めて大河ドラマに出演するということで心からうれしく思っています。上野さんをはじめ、日本を代表する役者の大先輩方と一緒に演じさせていただきますので、たくさん成長できればと思います」とコメント。また「篤姫」('08年)を手掛け、同作の脚本も担当する田渕久美子氏の作品に興味津々の様子で、「田渕さんの作品は以前からすごく興味がありました。田渕さんの描く秀勝を演じられることに心から感謝します。全身全霊で頑張ります」と決意を語った。

制作統括の屋敷陽太郎氏は「AKIRAさんの屈託のない笑顔と“古武士”のようなたたずまいがそのまま秀勝に重なると思います。物語では大人の女性としての江が愛という感情を抱く初めての男性として秀勝は登場します。運命的な出会いによって2人は結ばれますが、まもなく秀勝は戦地へ向かい病死。江は夫の死を知ったとき、2人の愛の結晶となる小さな命が宿っていることに気付きます。江は、これからさらに波乱万丈の人生を余儀なくされますが、秀勝の無欲で誠実な生き方が、江の心を癒やし、未来への希望を抱かせていったのだとわたしは思います」とコメントした。

本編では、2月6日(日)放送の第5回「本能寺の変」で信長(豊川)が、2月13日(日)放送の第6回「光秀の天下」で明智光秀(市村正親)が、2週にわたって壮絶な最期を迎える。江の心とともに視聴者の心も揺さぶる回となっている。

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」(全47回)
毎週日曜夜8:00-8:45ほか NHK総合ほかで放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報