舞台「テンペスト」仲間由紀恵が男女1人2役に初挑戦! 仲間の沖縄舞踊に共演者らが大絶賛!

囲み取材に応じた堤幸彦、仲間由紀恵、山本耕史、生瀬勝久(写真左から)
  • 囲み取材に応じた堤幸彦、仲間由紀恵、山本耕史、生瀬勝久(写真左から)

池上永一原作の長編小説「テンペスト」の舞台「琉球ロマネスク『テンペスト』」の公開リハーサルが2月5日、東京・赤坂ACTシアターで行われ、出演の仲間由紀恵、山本耕史、生瀬勝久、演出を務める堤幸彦が囲み取材に応じた。

本作は、19世紀江戸時代末期の琉球王国が舞台。仲間が演じる真鶴は、孫寧温(そんねいおん)の名で性別を偽り、自分の気持ちをも偽りながら、琉球王国のために懸命に働く。琉球を守ろうとした女性の壮大な愛の物語となっている。

真鶴と孫寧温の“男女1人2役”という難役に初挑戦した仲間は「みんなでずっとけいこをしてきたものをたくさんの方に見てもらえるということで、緊張していますが、自信を持って楽しんでいただける舞台となっているので、ぜひたくさんの方に見てもらいたいです」と思いを語った。薩摩藩の浅倉雅博役の山本は「自分が出ているんですけど、舞台を正面から見ると、想像もつかないような、想像もしたことない世界観がそこにあるので、そこに自分がどういれるか不安もありますけど、そこにいれることは誇りに思っています。楽しみです」とコメント。妖術を操る王族神・聞得大君(きこえおおきみ)を演じる生瀬は「ACTシアターは初めてなので、この劇場に負けないように頑張りたいと思います」と意気込みを。堤は「持っている力を全て使ってやってきましたので、もちろん生の演技はすごいです。そしていろんなハイテク技術も使ってますので、楽しんでいただけると思います」と話した。

沖縄が舞台ということで仲間は「わたしの出身である沖縄を守るという女性の役をやることは、ご縁でもありますし、すごくありがたくうれしく思います。舞台の中には強敵がいっぱい出てきますから、たくさんの敵たちに負けないように、なんとか頑張って琉球を守っていきたいと思います」と作品への思いを語った。さらに「舞台はあまり不慣れな部分が多くて、いろんな方にアドバイスをいただいて、真鶴と孫寧温の2役を作ってます。大きいお芝居というか、みなさんにわかりやすいお芝居というものを、動きやせりふの言い回しだったりいろいろアドバイスをもらってます。今回、堤監督と一緒にお仕事をしているのに、客席で見ることができないのが残念です。楽しみを感じることができないのが寂しいですね」と話した。また、琉球舞踊を披露する仲間に対し山本は「すごいですよ。指先のひとつひとつに神経がいっているというか、やっぱり説得力があります。ずっと見てしまう魅力があると思います。これは本当にすばらしいです」とコメントし、生瀬も「悔しいけれども上手です。やっぱり血ですかね。空気感がすごくうっとりしますね」とそれぞれ絶賛した。

真鶴と恋に落ちる浅倉を演じる山本は「真鶴という女性なんですけど、孫寧温という男装した真鶴なんですよね。同志というか仲間になるわけで、同一人物とも知らずにという設定なので、本当に2人と演じている感じで、同じ人物と同じステージにいるんですけど、ぼくは2人分得しているかんじです。仲間さんのいろんな部分が垣間見れる感じで得した気分です」と語った。

記者から「怪物の役なのか? 」と聞かれた生瀬は「怪物ではございません。占い師です。基本的にはその国の行く末をこうした方がいいでしょっていう指針を占う女性です。その愛が強いばかりに少し、怪物化してしまう。怪物に見えてしまうってことです」と答えた。

さらに、仲間は「最初から最後まで飽きることなく楽しんで見ていただけると思います。驚きの連続だと思います。映像もたくさんあり、目の前で琉球の歴史をテンポ良くリズム良く見せていくので、きっと楽しく驚きながら見ていただけると思います」と見どころを。

最後に、仲間は「明日からACTシアターで『テンペスト』が公開になります。琉球の歴史、堤監督が作る世界をすばらしい役者さん、スタッフのみなさんと共にすばらしい舞台を作り上げることができていると思ってます。本当に楽しんで見てもらえる舞台になっているので、ぜひたくさんの方にご来場していただきたいです」とメッセージを送った。

舞台「琉球ロマネスク『テンペスト』」
【東京公演】
2月6日(日)~28日(月)赤坂ACTシアター
【大阪公演】
3月5日(土)~20日(日)新歌舞伎座

キーワード

[PR] おすすめ情報