シャイア・ラブーフ、またもや警察沙汰で逮捕される

またしても警察のお世話に。ただしシャイアは加害者ではなく、むしろ言いがかりをつけられて暴力沙汰に巻き込まれた可能性が高い
  • またしても警察のお世話に。ただしシャイアは加害者ではなく、むしろ言いがかりをつけられて暴力沙汰に巻き込まれた可能性が高い

暴れん坊で知られるシャイア・ラブーフが、2月5日午前1時頃、ロサンゼルスでまたもや警察のお世話になり、手錠をかけられてしまった。

ハリウッド・レポーター紙など複数のメディアが報じたもので、「シャイアは、いきつけのバーMad Bulls Tavernでお酒を飲んでいたところ、他の常連客と口論になり、シャイアが顔を殴られた」という。ロス警察が駆け付け、手錠をかけられるという騒ぎがあったが、20分程度の事情聴取後に開放された。

バーの店員や居合わせた目撃者の話では、シャイアは加害者ではなく、むしろ言いがかりをつけられて暴力沙汰に巻き込まれた可能性が高いようだが、お互いに和解という形で事件は短時間で解決したようだ。

シャイアといえば、2007年11月にシカゴのドラッグストアに酔っ払って来店し、撤退命令を拒否したことや、2008年の3月と7月には、それぞれ不法喫煙と飲酒運転で警察沙汰になるなど、まさに警察の常連者。現在公開中の『ウォール・ストリート』で共演したイギリス人女優のキャリー・マリガンと交際してからは、品行方正な人になっていたようだが、再び昨年6月にはパパラッチの車からカメラを盗んで警察沙汰になり、マリガンとの破局報道が流れた10月にはパパラッチを追いかけてコーヒーをかけるなど、暴れん坊のシャイアに逆戻りしてしまい、今回に至っている。

バーでの喧嘩騒ぎといえばラッセル・クロウを思い出すが、『ウォール街』(88)で成功を収めながら昨今では絶え間なく警察のお世話になっているチャーリー・シーンの二の舞いで、せっかくのキャリアを台無しにしないでほしいものだが。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報