「友チョコをいっぱい作る!」仲 里依紗がバレンタインの予定を告白

「チョコは手作りします♪」と、明治製菓「明治手作り女子学園」で理事長を務める仲 里依紗さん
  • 「チョコは手作りします♪」と、明治製菓「明治手作り女子学園」で理事長を務める仲 里依紗さん

2月7日(月)、都内にて、「明治製菓『明治手作り女子学園』PRイベント」が行われ、仲 里依紗さんと原口あきまささんが登場。2月14日(月)のバレンタインチョコを渡す予定を、「友チョコを手作りしたいです」とさわやかに宣言し、会場をわかせた。

「明治手作り女子学園」とは、バレンタイン直前の2月11日(祝)に開校するWEB上の学校。バレンタインに手作りで気持ちを伝えよう、と頑張っている女の子たちを応援するために、バレンタイン特別授業や、投稿された質問にリアルタイムで答える手作りQ&Aなど、様々なコンテンツを展開していく期間限定のサイトだ。

この学園で理事長を務める仲 里依紗さんは、「若い女の子に理事長と呼ばれてウレシイ」とニッコリ。報道陣に、「今年のバレンタインに、本名チョコをあげる予定は?」と聞かれると、「今年は友チョコブームだし、友チョコですね。作りまくって、お世話になっている人にお渡ししたいです」と、自分で手作りすることを告白。「今年は流行りのデコをやってみたいです。今までやったことないので…。自分も食べちゃうかも」と、いたずらな笑顔でコメントすると、横にいた原口さんも思わず「かわいい~」と言うほど、21歳らしい若々しいキュートな笑顔で、報道陣を魅了していた。

また、昨年3月に結婚した原口さんは、「僕は奥さんに逆チョコをあげたいです。手作りしたいな~」とデレデレ。奥さんが第1子を妊娠中だが、「性別は?」と聞かれると「男の子です。名前も候補はあがっていますよ」と嬉しそうな様子だ。報道陣や周りの人にも、まだ子供の性別を報告していないという原口さんは、仲さんに「聞いてないですよー!」と不満げに言われたが、「生まれたら理事長に即報告します!」と、低姿勢で理事長へ敬意を払って、会場を盛り上げた。

「明治手作り女子学園」は他にも、仲さんが手作りチョコを披露したり、原口さんが、戦場カメラマン・渡辺陽一さんのモノマネをして講師として登場したりと、見るだけで楽しめるサイトになっている。バレンタインチョコを作りたい女子にはオススメのサイトになっているので、チェックしてみて。 【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報