スーパー戦隊35代目“レッド”小澤亮太に独占インタビュー!

2月13日(日)からテレビ朝日系でスタートするスーパー戦隊シリーズ最新作「海賊戦隊ゴーカイジャー」にキャプテン・マーベラス(ゴーカイレッド)役として出演する小澤亮太に独占インタビューを敢行。2月9日に発売された「週刊ザテレビジョン」の紙面上では掲載し切れなかったインタビューを、完全版として紹介する。

――「海賊戦隊ゴーカイジャー」の見どころを教えてください

「“ゴーカイ”なところですかね(笑)。歴代のスーパー戦隊がすべて出てくるので、子供から大人まで楽しめる内容になっていると思います」

――スーパー戦隊のレッドといえば子供たちが一番あこがれるヒーローですが、決まった時の気持ちはどうでしたか?

「(合否の連絡がある日)携帯電話の留守電にすごく暗い感じで、マネジャーの声が入っていて、(それを聞いて)『落ちたわ』と思いました。でも、折り返し電話をしたら、『レッドよ』と言われて、それを聞いて最初は理解できなかったんですけど、『レッドか…、あっあっあっー』みたいな感じでやっと分かって、すごくうれしかったですね」

――ゴーカイレッドは、海賊のキャプテンということで“ゴーカイ”な性格ですが、ご自身と似ている部分はありますか?

「マイペースなところですね。好きじゃないことはやりたくないところが、すごく似ています」

――海賊は世間一般的には、悪の部類ですが、その海賊が“正義のヒーロー”として戦うことに関してはどう思われますか?

「変わっていていいと思います。真っすぐなヒーローではないところが、また味があっていいと思います。(ゴーカイジャーは)地球には最初宝探しの目的でやって来て、そこで人々を怪人たちから助けることによって、人とのつながりができてきて、だんだんいい海賊になっていくんだと思います」

――撮影が始まって1カ月ぐらいたちますが、5人のチームワークはいかがですか?

「いいと思います。みんな和気あいあいとやっていて、それぞれ個性があるんですが、とてもバランスが取れていると思います」

――ゴーカイジャーの中で自分に性格が一番似ているのは誰だと思いますか?

「ピンクではないし、ブルー、グリーンでもないですね。イエローでもないし…、じゃあレッドですね! やっぱり似ている部分もあるので」

――理想とするレッド像は?

「熱い心、情熱を持っていることですね。ゴーカイレッドとして内面からでもいいので、出していきたいです」

――過去のスーパー戦隊で、一番あこがれていた、好きだったのは何ですか?

「シンケンジャーが格好よかったですね。(シンケンジャーは)侍じゃないですか。日本といったら侍。やっぱり刀を振っているところがいいですね。殺陣の経験があるので、刀を使うヒーローは格好いいと思います」

――スーパー戦隊に限らず、子供のころのヒーローは何ですか?

「子供のころはやっぱりスーパー戦隊や仮面ライダーですね。でも、今はマーブル(コミック)系が好きですね。スパイダーマンとか、ちょっと“ブラック”が入っているようなヒーローが好きです」

――このヒーローになって、こんなことがやってみたいと思うようなことはありますか?

「バットマンになって、マントを広げて飛んでみたいですね。CGとかじゃなくて実際に飛んでみたいです。でも、もし落ちたら危険なので、最初は地面の土が軟らかそうなところや海の上とかがいいですね」

――キャプテン・マーベラス(ゴーカイレッド)として、子供たちにどういったことを伝えていきたいですか?

「人への思いやりや、元気になるような勢いとかも“ゴーカイ”なので見せていきたいですね。真っすぐじゃないんだけど、人を助けることは大切だよと伝えたいですね」

――小澤さんが俳優を目指すようになったきっかけは何ですか?

「舞台をやってからですね。舞台をやった時に、お客さんが笑ってくれたりして、そういうのを経験していくうちに目指そうと思うようになりました。少し舞台に触れて演じることの楽しさが分かるようになりました」

――俳優としての今後の目標はありますか?

「あまりしゃべらなくても、雰囲気で伝えられるような俳優になりたいですね。あと、竹野内 豊さんとか山田孝之さんの演技を生で見てみたいですね。もちろん、共演もしてみたいです」

――最後に番組を楽しみにしている子供たちや親御さんに向けてメッセージをお願いします。

「いい作品になるようにみんなで1つになって頑張ります。よろしくお願いします。派手に行くぜ!」

「海賊戦隊ゴーカイジャー」
2月13日(日)スタート
毎週日曜朝7:30-8:00 テレビ朝日系で放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報