あの「とくダネ!」リポーター・大村正樹が雪まつり会場に登場!

吹雪の中、UHBの榊菜美アナウンサーとトークを繰り広げる。が、雪で見えない…
  • 吹雪の中、UHBの榊菜美アナウンサーとトークを繰り広げる。が、雪で見えない…

7日間で約240万人の来場者が訪れる、冬の一大イベント「第61回さっぽろ雪まつり」が2/7(月)、いよいよ開幕!大通会場には圧倒的なスケールの大雪像や大氷像をはじめ、スケートリンクや歩くスキー会場、スノーボーダーやスキーヤーが華麗なエアショーを披露するストレートジャンプ台も出現。道内各地の名物グルメが味わえるコーナーにはすでに長蛇の列も!

そんな中、大通会場 西10丁目のUHBファミリーランドに、あの大村正樹氏が登場!長年、「とくダネ!」リポーターとして活躍してきた彼が何のために?実は、今年4/4(月)夕方から始まるUHBの新情報番組「U型テレビ」のMCが大村正樹、なのだ。

そんなわけで一足早くお披露目トークショーが行われたのだが…。10分前まで晴天だった天候が、いよいよ登場!となった途端、猛吹雪に急変。この荒天に「大丈夫ですかね?ちゃんと歓迎されていますかね?」と不安げな一言。ただ、「現場主義」を掲げる大村氏はこんな悪天候も平気という様子で、「今までいろんなところへ取材へ回りましたから。このくらい、どうってことないです」と余裕の笑顔も見せた。ちなみに、富山県出身ではあるが、大の北海道好きという彼。道内の鉄道はすべての沿線を制覇し、バイクや自家用車でもすでに走破済みというほど。今回、北海道で番組MCを務めることになったのも、「大好きな北海道だから、これも縁かなと」と話す。

また、同じタイミングで北海道にやってくることになった北海道日本ハムファイターズの斎藤 佑樹投手とは、昨年末「決起集会」ともいえる食事会を開いたそう。「彼も相当不安がっていますよ。人気が先行してしまって、このまま開幕一軍迎えられず、食わせもので終わったらどうしようかと」。ただ、大村氏もそんな佑ちゃんに共感する部分もあるそうで、「そこは今、自分が感じている不安とも重なっているんです」と話す。「でも佑ちゃんには、彼だけを盛り上げることはしたくない、って言ったんです。ファイターズ全体を盛り上げていく中で、その過程に祐ちゃんがいればいいじゃないかって。だからうまくやっていきましょうと。結果オーライな感じで行こう、と話しましたね」と笑う。

「同じ時間帯に『どさんこワイド』、っていうすごい番組があるのも知っています。なので、無理せず、まずは楽しくやろうと。視聴者の皆さんも、一緒になって番組を盛り上げていければいいなと思ってます」と、締めくくった大村氏。佑ちゃん同様、UHB「U型テレビ」にも注目したい。(北海道ウォーカー/出村聖子)

キーワード

[PR] おすすめ情報