大鶴義丹監督×風間俊介主演『前橋ヴィジュアル系』の公開日&舞台挨拶が決定!

俳優であり、小説家として活躍する大鶴義丹は今作で映画監督に挑戦
  • 俳優であり、小説家として活躍する大鶴義丹は今作で映画監督に挑戦

俳優であり、小説家、そして映画監督として幅広く活躍する大鶴義丹が、テレビドラマ、舞台で活躍する風間俊介と組んだ青春ドラマ『前橋ヴィジュアル系』が、東京はシネリーブル池袋にて3月12日(土)より先行ロードショー、4月9日(土)からは地元となる群馬県のイオンシネマ高崎、イオンシネマ太田にて順次公開されることが決定した。

群馬県前橋の町から離れた田舎に住むタクジ(風間)が、ジュン(黄川田将也)、ケン(藤田玲)、シュンジ(杉浦太雄)とヴィジュアル系バンド「プリンシパル」で音楽活動を行っていたが、リーダーのジュンが家業を継ぐ決心をしたことで、バンドに存亡の危機が訪れる。音楽を取るか、今の生活を取るか。現実に直面したタクジが決心しようとした時、ファンの一人、農協の職員マヨコ(八代みなせ)との出会いが、やがてタクジ、そして「プリンシパル」に奇跡をもたらす。

今回の作品で映画初主演となる風間、そして黄川田、杉浦、藤田、八代といったこの先の活躍が期待される若手俳優たちに、森下悠里、加藤和樹、ダイアモンド☆ユカイ、マーティ フリードマンほか、宍戸開、吉田羊といった共演陣が本作に花を添える。また、主題歌「月光ショータイム」を担当したheidi.も本人たちの役で特別出演する。

2月28日(月)には、東京・芝のメルパルクホールにて行われる先行プレミアム上映会では、大鶴監督や風間のほか、主要キャスト陣、主題歌を担当したheidi.による舞台挨拶も予定されている。【Movie Walker】

キーワード

[PR] おすすめ情報