天才医師を演じた菅野美穂「両親に“ありがとう”という気持ちになりました」

映画「ジーン・ワルツ」の初日舞台あいさつに登場した南果歩、菅野美穂、田辺誠一(写真左から)
  • 映画「ジーン・ワルツ」の初日舞台あいさつに登場した南果歩、菅野美穂、田辺誠一(写真左から)

映画「ジーン・ワルツ」の初日舞台あいさつが都内で行われ、出演した菅野美穂、田辺誠一、白石美帆、南果歩、桐谷美玲、片瀬那奈、音尾琢真と、大谷健太郎監督、原作者の海堂尊氏が出席した。

同作は、「チーム・バチスタの栄光」や「ジェネラル・ルージュの凱旋」(共に宝島社)など数々の医療ミステリーを生み出してきた海堂氏のベストセラー小説を映画化した医療ドラマ。帝華大学病院の天才医師・理恵(菅野)が院長代理を務める産婦人科医院マリアクリニックで、禁断の治療が行われているといううわさが立つ。それを知った上司のエリート医師・清川(田辺)は、理恵の周辺を調べ始める。

産科医療に潜む闇に迫る天才医師を演じた菅野は、「産科医の先生方の大変さや、赤ちゃんが10カ月もお腹にいることの神秘など、シビアな面を知って、赤ちゃんを抱っこできる喜びをあらためて感じ、両親に“ありがとう”という気持ちになりました」と、感慨深く語った。

南は「先日、ある試写会で15歳の反抗期の少年がこの映画を見て、『命ってこんなに大変な思いをして生まれてくることを初めて知った』と言い、『ありがとう』とわたしとハグをしました。その少年は、15年前に帝王切開で生んだわたしの息子です」と温かなエピソードを披露。

身ごもった胎児が無脳症だと判明した女性を演じた白石は、「撮影に入る前から監督やスタッフさんと深く話し合い、実際に問題を抱えている方々に失礼のないように演じました」とコメント。その夫役を演じた音尾は、「出産というのは夫婦の強いきずなが必要だと思いましたので、白石さんに『1回だけハグさせてください』とお願いして抱き締めさせてもらいました。すみませんでした!」とざんげすると、白石は「あのときは温かくなりました」と笑みを浮かべた。

劇中に登場する新生児たちは、本物のような質感を再現したロボットが使用されている。長年の不妊治療の末に妊娠する女性を演じた南は「ロボットだと分かっていても『よく誕生してきてくれた』という感情が芽生えるんです。ロボットは何体かあったんですが『うちのロボットが1番かわいい!』と親ばかになってしまいました(笑)」と、現場は和やかだったようだ。

映画「ジーン・ワルツ」
全国公開中

キーワード

[PR] おすすめ情報