「相棒」「新・警視庁捜査一課9係」「臨場」に続くテレ朝刑事ドラマの主演に上川隆也!

テレビ朝日系水曜9時ドラマ初主演を務める上川隆也
  • テレビ朝日系水曜9時ドラマ初主演を務める上川隆也

これまで、「相棒」「新・警視庁捜査一課9係」「臨場」などの人気刑事ドラマを生み出してきたテレビ朝日系の水曜夜9時枠で、4月から上川隆也主演の「遺留捜査」が放送されることが決定した。また主題歌は、テレビ朝日系のドラマでは初となるMISIAの「記憶」に決定したことも合わせて発表された。

同ドラマは、警視庁捜査一課・科学捜査係を舞台に、遺留品から事件の真実に迫っていく刑事ドラマ。上川は、鋭い鑑識眼を生かして、被害者が残した“被害品”に込められたメッセージを聞く刑事・糸村聡を演じる。また、自分の信念を曲げずに捜査する糸村にカルチャーショックを受ける女性刑事・織田みゆき役に貫地谷しほり、みゆきの上司で、糸村に敵対心を抱きつつも、その実力を認める曽根武雄役を佐野史郎、糸村を科学捜査係にスカウトした捜査一課長・加賀美亨役を大杉漣が務める。

上川は、今作で主演を務めることについて「これまで刑事の役は何回かやらせていただいたことがありますが、今回は一風変わった男ということで、今から演じるのが楽しみです。警察組織の一捜査員という枠にはまらない糸村という人物は、どこか『風』のような男。僕で務まるのかという不安や緊張もありますが、視聴者の皆さんに楽しんでいただけるよう、精いっぱい演じたいと思います」と意気込みを語った。

また、同ドラマの三輪祐見子プロデューサーは、「主人公は少々変わった男ですが、被害者遺族にも心を配れる優しい刑事。そんな主人公を、緊張感あふれる演技力と少年ぽさをお持ちの上川隆也さんにお願いしました。愛すべき刑事になると思います」と起用理由を明かした。

「遺留捜査」
4月スタート
毎週水曜夜9:00-9:54 テレビ朝日系で放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報