次の舞台はラスベガス!? 『ギャングスタ』初日挨拶で崎本大海&久保田悠来、続編の構想を練る

『ギャングスタ』の初日舞台挨拶に登壇した一同
  • 『ギャングスタ』の初日舞台挨拶に登壇した一同

崎本大海がケンカの弱いヤンキーを演じ、男どうしの友情を描いた青春映画『ギャングスタ』(公開中)の初日舞台挨拶が2月12日、シネマート六本木で行われ、出演者の崎本大海、久保田悠来、佐々木喜英、滝口幸広、松崎裕、伊藤陽佑と、川野浩司監督が登壇した。

ヘタレな役どころの崎本は、自身の男らしいエピソードについて、「みかんの薄皮をむかずに食べるとか、りんごを皮ごと食べるとか、ステーキを全部切ってから食べるとかですね」と悩みつつ答えると、久保田から「それはちょっと違うんじゃないか!?」と突っ込まれ、会場から笑いが起きた。登壇者の中ではイジられ役の佐々木は、「日常生活でケンカになるほど怒ることはないんですが、髪をいじられるのと、今日MY鏡を控室でみんなに回されたのは怒りました」とのエピソードを明かすと、周りのキャストから髪をいじられまくり、「やめてよ!」と髪の毛を死守。そんな仲の良いキャストの姿を見て、川野監督は「撮影中もずっとこんな感じで仲良くて」と目を細めた。突っ込み役の滝口は、本作品の中で一番ミステリアスな赤星役を演じるにあたり、「しゃべっていないところの芝居が多かったので、にじみ出る怖さを表現したかった」と話すと、ファンからも拍手をもらい、安心した様子。撮影の裏話を聞かれた伊藤が「つなぎの上に学ランを着ていたので、すごく暑かった」と本音をもらすと、松崎も「学生服の要素が一人だけないし、体格の良さを出すために、ジャージの下にジャンパーを着ていたので、すごく汗をかきました」と、暑い中での大変な撮影を振り返った。

また、崎本演じる銀二と、久保田演じる力の今後を聞かれた崎本は、「青春映画と言いながら、今回は恋愛要素があまりないので、次回作は銀二が恋をして、三角関係とかあれば良いですね。学園ラブコメディ的なのが良いです」と想像を膨らませ、旅行好きな久保田は「ふたりはコンビなので、世界を目指したい。次はラスベガスで戦いたいです」と、続編への期待を感じさせた。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報