伊勢谷友介が「学生時代、バレンタインに見知らぬ人からチョコをもらいました」とモテ男をアピール!

イベントに登場した佐藤浩市と伊勢谷友介(写真左から)
  • イベントに登場した佐藤浩市と伊勢谷友介(写真左から)

「New MARK X ZiO SAMURAI PROJECT 2011」の発表会が2月14日都内にて行われ、新テレビCMに出演する伊勢谷友介と、特別ゲストとして佐藤浩市が登場した。

「SAMURAI PROJECT 2011」では「SAMURAI(=熱き心と揺るぎない志を持つ男)」をキーワードに、テレビCMにとどまらず、雑誌タイアップ、USTREAMでのライブなどのメディア展開もする。イベントに登場した伊勢谷と佐藤は「SAMURAI」をテーマにトーク。佐藤は「今自分がいるところより、一段高いところに自分を置きたいと思い続けることだと思います」と語り、伊勢谷も「信念を持って仕事ができていくという人が増えていかないと、次の時代をつくれない。自分も、今を生きるものとして責任を負っていきたい」と互いに独自のSAMURAI観を語り合った。

イベントでは、伊勢谷出演のCMが初披露。本CMは、大海原を見つめる伊勢谷の鋭い視線が印象的な仕上がりとなっている。伊勢谷は「現代の中では、戦わなくてはいけない時間と、息抜きをする時間がある。僕は、その抜く時間を捉えて、鋭く遊ぶイメージをしました」と役作りの裏側を明かした。また、同車の魅力を伊勢谷は「キャンプに行く時、荷物をたくさん何でも乗せられる。おもちゃ箱みたい!」と目を輝せ、パラグライダーの免許を取って同車で出かけたいと密かな野望も披露した。普段から仲の良い2人は、プライベートについても話題も。伊勢谷は「浩市さんの奥さんは、本当に肝がすわっている。独自の美学もお持ちで、ちゃんと支えあっているんです。本当に僕もこうなりたいなと思う夫婦なんですよ」と佐藤夫妻のラブラブぶりを暴露すると、佐藤は恥ずかしそうにハニかみながら「もう、いいよ!」と止める一幕も。

多趣味な伊勢谷は、オフの時間の過ごし方について「モトクロスや、スノーボード、海行けばサーフィン」とアクティブな一面を見せたが、「やりたいと思うんですが…土日は最近、仕事していますね」と多忙を嘆いていた。

さらに、当日になったバレンタインデーの思い出に関して、伊勢谷は「(学生時代)電車通学していた時、見知らぬ人からチョコをもらいドキドキした」とモテ男ぶりをアピール。それに対し佐藤は「そういうカッコイイ思い出はありません。息子にチョコの数を抜かれました」と語り、会場を沸かせた。

MARK X ZiO紹介ページ
http://toyota.jp/markxzio/

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報