ジャック・ブラックが赤ちゃんパンダ命名式に出席!“ポー”との初対面に緊張

赤ちゃんパンダ命名式に出席したジャック・ブラックはカンフーポーズを披露
  • 赤ちゃんパンダ命名式に出席したジャック・ブラックはカンフーポーズを披露

ジャック・ブラック、ジャッキー・チェン、アンジェリーナ・ジョリーたちが声優を務めるアクションアニメ第2弾で3D公開となる『カンフー・パンダ2』(8月19日公開)。

本作は、カンフーを習得し、見事伝説の龍の戦士となった小心者で食いしん坊のポーと、有能なマスター5たちは平和を守るために一緒に暮らしていたが、そこへ強力な武器を操り、中国を制圧してカンフーを抹殺するという野望に燃える新たなる敵、孔雀のシェン大老たちが現れる。

第2弾でもオリジナルキャストのジャック・ブラック、アンジェリーナ・ジョリー、ダスティン・ホフマン、ジャッキー・チェンが続投し、今回新たにゲイリー・オールドマンをはじめ、ミシェル・ヨーやジャン=クロード・ヴァン・ダムが加わって、さらにパワーアップした。

そして、この度、主人公のポーを演じるジャック・ブラックがアトランタ動物園に来場し、ジャイアントパンダの赤ちゃんの命名式に出席した。ジャック・ブラックは3ヶ月前に産まれた赤ちゃんジャイアントパンダの名前をシリーズの主人公にちなみ、“ポー”と発表。パンダの帽子を被った子供たちの前でカンフーポーズを披露したりとセレモニー会場は大盛り上がり。

以前からパンダとの対面を楽しみにしていたというジャック・ブラックは、「面白い奴だったら良いなと思っていた。僕がポーに触ろうとする直前に『(ポーに)触られるのが好きじゃないの。力が強くて爪が鋭いから注意して!』って言われたんだ(笑)。だから緊張しながら頭をなでたよ。でも本当に会えて良かった!」と、赤ちゃんパンダとの初対面に大喜びしていた。

「ドリームワークスアニメーションは、絶滅危惧種でもあるジャイアントパンダの保護のためにアトランタ動物園へ寄付をしてくれた。今後もパートナーシップを組み、パンダ保護プログラムに協力していく」と動物園の担当者は語っている。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報