“山ガール”人気の秘密は?押切もえがモデル仲間と魅力を体感

押切もえが真山景子と高尾山に登る
  • 押切もえが真山景子と高尾山に登る

かつてはつらく苦しいイメージばかりが先行していた登山やトレッキング。最近では、高原の散策よりも山登りを家族や友人らと気軽に楽しむ人々が増えてきている。2月19日(土)午後4時からTBS系列全国28局にて放送される「山ガールが行く!」(SBC信越放送製作)では、人気雑誌のトップモデルの押切もえがモデル仲間らと高尾山をはじめ、信州ブナの森、そして“山ガール憧れの地”屋久島など人気のスポットを巡る。

近年増加している山登り人口の中でも、目立っているのが若い20代から30代の女性グループだ。彼女たちは、オシャレなファッションで楽しく山登りをすることから“山ガール”と呼ばれる。最近は、初心者でも挑戦しやすいように山が整備され、カラフルなウエアの登場などによって、山登りが一気に若い女性たちの間で身近なものに発展したのだ。

同番組では、そんな一般の山ガールたちの女性限定焼岳ツアーや、登山の様子なども紹介する。とある銀座OLは「一緒に行く友達を探していたらいつまでたっても行けない」と“女性限定”北アルプスの活火山、焼岳ツアーに参加し、初顔合わせのグループで山頂へ。そこで、山に目覚めたメンバーたちは“やまたみガールズ”を結成し、冬の北アルプスへの挑戦を決意する。

今回の番組ロケで“山デビュー”を果たした押切は、「一歩一歩、登っていくごとに変わっていく景色にドキドキしたり、山の木々や動物たちをよく観察したりして、普段の生活では気付けないことに触れ、体の奥から元気になったのを感じました」とコメント。一方、同番組ディレクターは、「番組の中で出会った人々から授かった自然と関わる知恵、信州が誇る雄大な景色で何を感じ、“今、なぜ山に登るのか?”女性の意識を探りたい」と話している。

山ガールのファッションや、自然が織り成す多彩な景色をはじめ、自然と関わる知恵もふんだんに盛り込まれた同番組。挑戦したいけれどタイミングが…と迷っている女性の方、ぜひこの機会に山デビューしてみてはいかが?【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報