史上最高のゲイ・アイコンにブリトニー・スピアーズ

米国の同性愛者から最も支持されたブリトニー・スピアーズ
  • 米国の同性愛者から最も支持されたブリトニー・スピアーズ

米国のOrange County Equality Projectが同性愛者を対象に行った調査の結果、“史上最高のゲイ・アイコン”にブリトニー・スピアーズが選ばれた。

31%の票を獲得して1位になったブリトニーの後には、25%の票を獲得したマドンナが続き、3位は22%の票を獲得したレディー・ガガ。どうやらゲイ・アイコンの世界は、この3人による三つ巴の争いになっているようだ。さらにケイティ・ペリー、オバマ大統領、シェールなども人気が高かったらしい。

Orange County Equality Projectの代表は、長年ゲイ・アイコンとして君臨し続けたマドンナの功績を忘れてはならないと主張し、「新アルバムを発表すれば間違いなくマドンナが1位になるだろう。マドンナはゲイ・コミュニティーにとって最強のゲイ・アイコンだ」と語っているとワシントン・ポストが伝えている。また、ブリトニーについては「彼女は本物のゲイ・アイコンだ。マドンナの二番煎じのような他のアーティストと違い、彼女はゲイ層を狙ったマーケティングで我々を利用するような真似はしない」とコメントしている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

[PR] おすすめ情報