遊戯王の4代目主人公・九十九遊馬役の畠中祐が感無量!

アニメ「遊☆戯☆王ZEXAL(ゼアル)」の製作発表会に出席した出演者たち
  • アニメ「遊☆戯☆王ZEXAL(ゼアル)」の製作発表会に出席した出演者たち

テレビ東京系で4月11日(月)より放送がスタートするアニメ「遊☆戯☆王ZEXAL(ゼアル)」の製作発表会が2月20日、神奈川・横浜で行われ、声優を務める畠中祐、入野自由、増田俊樹、小松未可子と、主題歌を担当するmihimaru GT、宣伝部長のペナルティが登壇した。

同シリーズは、かつて'00年の「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」、'04年の「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」、放送中の「遊☆戯☆王5D's」を放送し、昨年10周年を迎えたばかり。新シリーズの本作では、主人公・九十九遊馬がさまざまな困難に立ち向かっていく姿を描き、多くの子供たちに“チャレンジ精神”を伝えたいという思いが詰まった作品に仕上がっている。

九十九役の畠中は、「本当にビックリしました。10年という歴史のある遊戯王の4代目主役ということで、とても感動しております。でも、やっぱり長年やってきた遊戯王ですので、僕なりの九十九遊馬をを演じていけたらいいなと思っております」と意気込みも十分。一方、入野も「カードゲームでずっと遊んでいたので、かなりの種類のカードを持っていましたね。ずっと見ていたアニメに携われて、本当に幸せですね」と笑顔を見せた。

また、主題歌「マスターピース」について、hirokoは「実際にアニメ映像を見て、言葉の1つ1つにパワーがあって情熱が伝わってきました。この曲はそういう気持ちとリンクするような思いで作らせていただきました」とコメント。楽曲を聴いた増田は、「鳥肌が立ちましたね。アニメの面白さが何倍にも膨れ上がるんだなと思って、見ていて楽しかったです」と大絶賛した。

アニメ「遊☆戯☆王ZEXAL(ゼアル)」
4月11日(月)スタート
毎週月曜朝7:30-8:00 テレビ東京系で放送

アンコール上映
“世界公開記念”「10th アニバーサリー 劇場版 遊☆戯☆王 ~超融合!時空を越えた絆~」
2月26日(土)全国ワーナーマイカルシネマズなどの3Dシアター

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報