厚塗り&凸凹の心配なし!“消しゴムではがせる”修正液に脚光

細かい修正に便利なハケタイプだ
  • 細かい修正に便利なハケタイプだ

学校で授業中に、会社で書類作成中に、手書きの作業には欠かせない修正液。しかし、修正液の厚塗りで書類が凸凹になったり、修正液を塗る箇所自体を間違ったりという人も少なくないはず。そんな時に活躍する“消しゴムで消せる”タイプの修正液が注目を集めている。ライオン事務器の修正液「ミスノン」シリーズの新顔、その名もズバリ「消ゴムではがせるミスノン」(525円/18ml)だ。

同商品は、修正ミスや一度修正した箇所が不要になったとき、消しゴムでこすり取るだけで修正前の状態に戻せるスグレモノ。開発段階から“文字の消しやすさ”と“はがしやすさ”のバランスにこだわり、試行錯誤を繰り返してようやく完成させた同社の自信作だ。前評判も高く、卸売段階での出荷数が従来品を数倍上回るなど、今年2月末の発売から順調に売り上げを伸ばしているという。

油性・水性共用で、速乾性も兼ね備えていることが特徴。修正した上に再び誤字を書いてしまってもはがせば済むので、さらなる上塗りで修正箇所が分厚くなる心配がない。また、コピーやファックスの一時的な目隠し代わりにも使えるなど、従来品より用途が広がったこともヒットにつながっているようだ。

ハケタイプで細かい修正ができるため、長年、漫画家からも絶大な支持を得ている「ミスノン」シリーズの新商品。「修正液が手放せない!」という職種の人はもちろん、学校やオフィスでも活躍してくれそうなアイテムだ。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報