映画

さだまさし原作「アントキノイノチ」が岡田将生&榮倉奈々主演で映画化!

MovieWalker 2011年2月24日 10時41分 配信

すべての写真を見る(1件)
男女ふたりの若者を通じて、命の意味を知る感動物語、さだまさし原作「アントキノイノチ」が、岡田将生と榮倉奈々の主演で映画化されることが決定した。

岡田将生と榮倉奈々といえば、共に昨年の第33回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、若手実力派として注目されているふたりだ。元気で爽やかなイメージのあるふたりだが、本作では複雑な過去を持つ難しい役どころに挑戦する。ふたりの共演は今回が初めてとなる。

本作の主人公・永島杏平を演じる岡田は、「今回は原作を先に読ませていただき、心温まるお話で、一気に読んでしまいました。演じる永島杏平という役は、心に問題を抱えていて、今まで演じたことのない役に挑戦させていただくので、今まで以上にしっかり演じていきたいと思っています。榮倉さんは色々な作品に出ているのを見ていて、とても素晴らしい女優さんだと思っていますので、今から撮影が待ち遠しいです」と語る。

一方、ヒロインの久保田ゆきを演じる榮倉奈々は「生きるということ、社会と関わるということ。日々、自問自答しながら前進したいと望む姿は同世代として、とても興味深いです。瀬々監督も岡田将生君も初めてご一緒させていただくので、どんなふうにコミュニケーションを取って撮影が進んでいくのか、今から楽しみです」と撮影に向けての意気込みを語った。

本作の監督を務める瀬々敬久は、昨年公開された監督作『ヘヴンズ ストーリー』が、第61回ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞とNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)の二冠を獲得するという快挙を成し遂げたばかり。今、最も注目されている監督の一人だ。監督は受賞と今作との関わりについて、「『アントキノイノチ』では、無縁社会と言われ、人と人とのつながりが希薄になっている現代に、日本人はどう生きていくのか。そして、どうやって新しい希望を見つけていけば良いのかということを描きたいと思っているので、『ヘヴンズストーリー』との連続性を感じています。自分たちの足元を見つめながら映画を作っていきたいと思っているので、今回の受賞は嬉しいという気持ちと共に『アントキノイノチ』を撮影する力にもなっています」とコメントしている。

映画は3月からクランクインし、今秋公開の予定だ。【Movie Walker】

アントキノイノチ

2011年11月19日(土) 公開

『ヘヴンズ ストーリー』でベルリン国際映画祭2冠を獲得した瀬々敬久監督が、さだまさし原作の同名小説を映画化。遺品整理の仕事を通して自らの過去と向き合う...

関連記事

おすすめ情報