『ナルニア国物語』の美青年王ベン・バーンズ、凛々しさの秘密を語る

『ナルニア国物語』でカスピアン王を演じたベン・バーンズ
  • 『ナルニア国物語』でカスピアン王を演じたベン・バーンズ

C・S・ルイスの児童文学を映画化したファンタジーアドベンチャー第3弾『ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島』(2月25日公開)が、シリーズ初の3D映画となって登場。本作のキャンペーンで来日したイケメンスター、ベン・バーンズにインタビュー。王子から王となった美青年カスピアン役をりりしく演じた彼に、役作りと作品の魅力を語ってもらった。

本作の設定は、ペベンシー4兄妹が活躍した前作『ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛』(08)から約3年後。エドマンドとルーシーが、従兄弟のユースチスの家にあった船の絵画を見ていたら、そこから海水が飛び出し、そのままナルニアの海へ誘われる。彼らと再会したカスピアン王は、エドマンドたちと共に伝説の魔法の剣を探す冒険の旅に出る。

「ナルニア国物語」は、子供の頃から大好きだったと言うベン。「『ナルニア国物語』は自分にとっては特別な映画。原作は8歳の頃から読んでいたよ。当時はテレビシリーズも放映されていて、その番組も大好きだったから、自分が映画化作品に関われるなんて、すごくエキサイティングなことだった。この作品で童心に返り、懐かしさも感じたし、乗馬から剣術、船から飛び込むようなアクションも経験できた。本当に素晴らしい体験だったよ」。

本作のメガホンをとったのは、『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』(99)のマイケル・アプテッド監督だ。ベンは、原作小説の中でも第3巻が一番のお気に入りだとか。「前作で、自分がカスピアン王子の役を得た時、この先、王になって冒険に出ることをすごく楽しみにしていたよ。七卿を探すという内容も面白いし、自分の人生にとっても楽しい冒険となった。アプテッド監督は偉大なストーリーテラーだったよ」。

前作よりも男らしい王としてのオーラを漂わせているベン。役作りで、前作と変わった点はあったのだろうか? 「前作は、撮影に入るまでにあまり時間がなかったので、乗馬のトレーニングなどが思うようにできなかったんだ。でも、今回は前作と比べると準備期間が長かったので、集中して役作りができたよ。剣術の練習にも打ち込めたから、剣を上手に使いこなせるようになったし。また、ジムに通い、体力作りも万全にやったので、体がたくましくなったかもしれない。それに、カスピアン王の外見においても、髪型を自分で合わせ、あらかじめ肌を焼いておけた。前作みたいに、エクステをしたり、日焼け用のメイクをしなくて済んだよ(笑)」

撮影で一番苦労したシーンについても聞いてみた。「特に大変だったのは、ロープにぶらさがりながら飛ぶというアクションかな。最初に聞いた時は、さほど難しくないだろうと思っていたら、すごく大変だった。何度かやってみたけど、うまくできなくて。一度だけ良いテークが取れたんだけど、実際に僕がやったシーンは少し使われただけで、メインはスタントマンがやったカットを使用したんだ」。また、内面的な演技については「カスピアンは王となったけど、人々を支配すること自体にまだ戸惑いを感じていたと思う。だから、いろんな誘惑に戸惑ったりする。そこは演じていて難しかったよ」と語った。

最後に、『ナルニア国物語』シリーズでブレイクしてから、“プリンス”と呼ばれている彼に、セクシーさを保つ秘訣を聞いてみた。「え!? ちょっと恥ずかしいなあ」と照れ笑いするベン。「実は僕、そういう点についてはすごく無頓着なんだ。仕事で着る服もスタイリストさんたちが選んでくれるし、ヘアスタイルも役作りに関係なければ自分ではいじらないし。こういう仕事をしていると、いろんなプレッシャーを感じるからやっているだけだよ(笑)」。

ニコニコと笑顔を絶やさない好青年のベン・バーンズ。オフショットの彼はとてもフレンドリーで好感度大だ。でも、スクリーンの中で王としての風格を見せる彼はさらに魅力的。是非、シリーズ初の3D映像で、ベンの雄々しい姿を拝みに行ってほしい。【Movie Walker/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報