カレーも紅生姜もてんこ盛り! アレンジが楽しい神保町の新ラーメン店って?

九州豚骨ラーメンにカレールーを投入。一見アンバランスな組み合わせだが、コク深いカレースープが楽しめる
  • 九州豚骨ラーメンにカレールーを投入。一見アンバランスな組み合わせだが、コク深いカレースープが楽しめる

安うまグルメの激戦地、東京・神田神保町。そんな神保町に、ラーメンとライスを注文すればカレーが無料で食べ放題というラーメン店がオープンしたと聞き、東京ウォーカー編集部イチの食いしん坊記者・Sがさっそく実食調査に行ってきた。

2月25日(金)、神保町古書街の一角にオープンしたのは「初代継承 哲麺 神保町店」(東京・神田)。“関東風九州豚骨ラーメン”をコンセプトに掲げ、6時間煮込んだ豚骨白湯に鶏スープや魚介ダシをブレンドしたスープが自慢の店で、マー油が香る口当たり濃厚かつ後味あっさりとしたラーメンが味わえる。

スタンダードの一杯は、豚骨醤油ラーメン、豚骨塩ラーメン、豚骨味噌ラーメン(各500円)の3種。九州ラーメン風の極細麺は、90秒茹でた「やわらかめ」からベーシックな「ふつう」、さらに、ほぼ生麺状態の「こなおとし」まで8通りの固さが選べる上、味の濃さや油の量も3段階からチョイスできる。さらに、辛子高菜と紅生姜が無料で盛り放題で、味玉子100円や磯のり100円など、8種のトッピングで好みのラーメンを作ることができ、「ここまで自分でアレンジできるラーメン店はない」とスタッフも胸を張るほど。

そして、同店のもうひとつの売りが、ランチタイム(11:00~15:00)に無料で提供されるカレーだ。系列店で好評だったサービスを都心で初めて実現させたもので、ラーメンとライス(100円)を注文すれば、何と無料でカレーを食べ放題できるという、腹ペコ男子にはうれしいサービス。

“無料のカレー”と聞いて、初めは具のないような質素なカレーを想像していた記者だが、あなどるなかれ、目の前に登場したのは、ジャガイモやニンジンがゴロゴロとした具だくさんカレー。タマネギとスパイスを丁寧に炒め、甘さと香ばしさを引き出したルーは懐かしさの漂うマイルドな味わいだ。

さらに、「麺を食べ終わって味が薄くなったスープに替え玉(50円)とカレーを入れると、180度違った味が楽しめますよ」と吉岡さん。さっそくスープにルー注いでみると、カレーうどんのつゆにコクを増したような濃厚なテイストが楽しめた。

ラーメンにカレー、そして替玉でカレーラーメンを味わって、食いしん坊の記者も大満足。安うまグルメの激戦地を一層にぎわせそうな無料カレーのラーメン店で、あなたもオリジナルのアレンジラーメンを作ってみては?【東京ウォーカー】

初代継承 哲麺 神保町店
住所:千代田区神田神保町1-1
TEL:03-5577-4447
営業時間:11:00~24:00
定休日:なし
アクセス:都営地下鉄・東京メトロ神保町駅A7番出口より徒歩3分
URL:http://www.tetsumen.net

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報