ネタバレ?第83回アカデミー賞授賞式の一部が明らかに

司会のジェームズ・フランコがジョン・トラボルタ役に?今年のアカデミー賞はひと味違う
  • 司会のジェームズ・フランコがジョン・トラボルタ役に?今年のアカデミー賞はひと味違う

現地時間27日に行われるアカデミー賞授賞式まで後3日となった24日、スター誌などがYouTubeの映像付きで授賞式の内容を一部公開した。

映像では、ホストを務めるジェームズ・フランコとアン・ハサウェイが、ミュージカルの映画化で大ヒットとなった『グリース』(78)の主役ジョン・トラボルタとオリヴィア・ニュートン・ジョンに扮し、映画の最後のシーンを再現したシーンの一部が明らかになったほか、1997年のアカデミー賞で歌曲賞を受賞したマドンナ主演の『エビータ』(96)のバルコニーのシーンで、アンがアルゼンチンの大統領フアン・ペロンの妻エバ・ペロンを演じたマドンナを真似て、「私のために泣かないで、コダックシアター(作品中ではアルゼンチン)!」などと歌詞を文字って同作の一部を再現するシーンもあるという。

また、ジェームズ・フランコが“『バーレスク』の服装で、ゴールデングローブ賞オリジナルソング賞に輝いた『You Haven't Seen The Last Of Me』のパフォーマンスをする”とツイートしたことに対して、『バーレスク』に出演したシェールが“プロデューサーが却下したようです。素晴らしい賞になるはずだったのに残念です”とツイート。こちらのお楽しみはなくなってしまったようだ。

シェールは以前にも、同楽曲がアカデミー賞にノミネートもされなかったことに憤慨している旨をツイートしているが、さすがにアカデミー賞のプロデューサーも、ゴールデンラズベリー賞作品賞の有力候補になっている『バーレスク』を紹介するわけにはいかなかったのだろう。

これらの内容はネタバレでもあるのだろうが、他のパフォーマンスや演出を見るのがますます楽しみになってきた。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報