コリン・ファース、アメリカのどもりの専門家たちから賞賛される

コリン・ファースの演技を絶賛しているのは映画ファンだけではない
  • コリン・ファースの演技を絶賛しているのは映画ファンだけではない

『英国王のスピーチ』(2月26日公開)でどもりを克服した歴史上の人物、ジョージ6世を演じているコリン・ファースが、アメリカでどもりの研究、治療をしている専門家たちから賞賛を浴びている。

学会の専門家の1人がWENN.COMに正式に明らかにしたもので、「コリンがどもりを克服したジョージ6世を演じてくれたおかげで、言語障害に対して世間の注目を集めることができました。彼の功績は賞賛に値するものです。アメリカには300万人、世界では6000万人の人々が、どもりに関係する言語障害に悩まされていますが、多くの人々が治らない病と諦めてしまっているのです。でも、イギリスの国王でもどもりに悩み、そして克服したという事実を世間に知らしめてくれたことで、彼らにとてつもなく大きな希望を与えてくれました」とコリンを大絶賛している。

さらに「『英国王のスピーチ』は本当に素晴らしい映画ですし、コリンがゴールングローブ賞や各賞の主演男優賞を受賞したことを心から祝福すると共に、アカデミー賞でも主演男優賞を受賞してくれることを心から祈っています」と、アカデミー賞受賞に大きな期待を寄せていることを堂々と宣言した。

コリンによれば、彼の演技の一番のアドバイザーはボイストレーナーの妹ケイトだったそうだが、作品もさることながら、コリンが演じたことで人物に深みと真実味を与え、世間にその存在を知らしめることになったことは間違いない事実だろう。アカデミー賞という映画界で最高峰の賞を手にする瞬間は何にも代え難い至福の時だろうが、悩める人々をアートの力で救うことができるとは何とも役者冥利に尽きる話だ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報