アカデミー賞長編アニメ映画賞は『トイ・ストーリー3』に決定!ジブリ協力作品は受賞を逃す

ご主人様アンディの元を離れることになったウッディたちは、手違いから保育園に寄付されてしまう
  • ご主人様アンディの元を離れることになったウッディたちは、手違いから保育園に寄付されてしまう

第83回アカデミー賞長編アニメ賞は、やはり『トイ・ストーリー3』に決定した。興行的にも大成功を収めた本作の受賞は納得の結果となった。

第68回ゴールデングローブ賞、ナショナル・ボード・オブ・レヴュー賞アニメーション映画賞ほか、各賞を受賞していた『トイ・ストーリー3』。全世界興業収入ランキング1位という偉業を遂げた作品だけに、誰もが予想したとおりの結果となった。

オスカー像を受け取ったリー・アンクリッチ監督は「ここにいられることが信じられません。ピクサーは世界で一番素晴らしい映画スタジオです。世界中のたくさんの人が、おもちゃたちのヒューマンな物語を見てくれてありがとう!」と喜びを語った。

他にノミネートされていたのは、3Dの映像の評価と共にドラマのクオリティーの評価も高かった『ヒックとドラゴン』、ジブリ美術館とスタジオジブリが配給協力をした作品として注目されていた『イリュージョニスト』。惜しくも受賞を逃した『イリュージョニスト』は3月26日(土)に全国公開となるので、3作の中でも一番タイムリーな時期に封切られることになった。【Movie Walker/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報