AKB48菊地あやかが女優業に意欲「あこがれの女優は上戸彩!」

イベントに登場した菊地あやか、仲川遙香(写真左から)
  • イベントに登場した菊地あやか、仲川遙香(写真左から)

映画「×ゲーム(バツゲーム)」のDVD発売記念イベントが2月24日、都内にて行われ、AKB48、渡り廊下走り隊7の菊地あやかと仲川遙香が登場した。

同作品は、「リアル鬼ごっこ」などで知られる作家・山田悠介原作の同名サスペンス・ホラー小説を映画化したもの。小学校時代のいじめに端を発する復讐(ふくしゅう)劇に巻き込まれた青年たちの苦闘を描いている。

イベントに出席した菊地は「今回ホラーサスペンスに初めて出させていただいて、楽しく撮影させていただきました。回りの友達もメンバーも見てくれたので、もっとたくさんの人に見て欲しいと思います!」と笑顔。また、仲川も「この作品が初めての映画だったので、緊張しながら撮影したことが思い出なんですけど、DVDのメーキングで緊張している様子とか、撮影前の様子なんかを見てほしいです、映画を見られなかった人にも是非見て欲しいです」と作品をアピールした。

現在17歳の菊地は、23歳の女性を演じたが、撮影を思い返して「普段大人っぽく見られるので、いい意味で自分の外見を生かそうと思いました。悔いないです!」と自身の演技に堂々と胸をはった。仲川は「(初めての映画で)スクリーンで見ると自分の表現が繊細に出てしまうので今後それは意識したいと思いました…女優は楽しいので今後もやっていきたいです。この仕事がわたしが生きる中で一番楽しい仕事だと思いました!」と女優業に意欲をみせ、「オールマイティーな役者になりたい。(あこがれの女優は)上戸彩さんです!」と目標を掲げた。

さらに、菊地は「特典映像、予告編やメーキング、盛りだくさんなんでいろいろ見て欲しい」、仲川も「ホラーで怖いんですけど、撮影の裏では、楽しい現場の様子があったのが分かると思うので、そこを是非見てほしいです」とDVDの見どころをアピールした。

映画「×ゲーム」
【原作】山田悠介
【出演】荒木宏文(D☆GATE)/菊地あやか(AKB48/渡り廊下走り隊7)/仲川遙香(AKB48/渡り廊下走り隊7)

【通常版】3990円
【スペシャル・エディション】5985円

映画「×ゲーム」公式ホームページ
http://www.x-game.jp/

キーワード

[PR] おすすめ情報