SKE48・平田璃香子が「初めて自分がアイドルに見えました!」と感激

イベントに登場したSKE48の大矢真那、木崎ゆりあ、平田璃香子(写真左から)
  • イベントに登場したSKE48の大矢真那、木崎ゆりあ、平田璃香子(写真左から)

映画「SKE48 3DシネマライブVol.1『制服の芽』公演2011」の初日舞台あいさつが、都内にて行われ、SKE48の大矢真那、木崎ゆりあ、平田璃香子が登場した。

本作は、SKE48の3rd公演「制服の芽」をフル3D映像と5.1チャンネルサラウンドで映画化したもので、全国40都道府県、76会場で公開される。

映画を見た感想を聞かれ、大矢は「はじめて3Dを見たんですけど、思ったよりもすごい迫力でメンバー1人1人がつまめそうな感じだったです。映画を見た際には、手なんか伸ばして届くかなってやってください! メンバーも、そういうリアクションをしているので、是非!」と笑顔。平田も「客観的にチームSの公演をみることがなかったので、作品として見てみて、ほかのメンバーが、やっとアイドルに見えました」と語り会場の笑いを誘った。さらに平田は「映画のスクリーンに自分の顔がアップで写るって快感なんですよ。すごい幸せでした。初めて自分がアイドルに見えました」と声を弾ませた。

また、木崎は「名古屋から遠いところに住んでいる方は、なかなか名古屋に来る機会がないと思います。映画自体がチームSの公演そのものなので見て楽しんでいただいて、今度は実物を見に来てくださったらうれしいと思います」とアピールした。

さらにこの日のイベントでは、4月29日・ZEPP NAGOYA、5月2日・赤坂BLITZで単独ライブが行われることも発表された。

映画「SKE48 3DシネマライブVol.1『制服の芽』公演2011」
http://www.ske48-3d.jp/

キーワード

[PR] おすすめ情報