アニメ「三国演義」エンディングテーマを歌う中島卓偉に独占インタビュー PART2

アニメ「最強武将伝・三国演義」ではアフレコにも挑戦した中島卓偉。感想は「完全に転校生!(笑)」
  • アニメ「最強武将伝・三国演義」ではアフレコにも挑戦した中島卓偉。感想は「完全に転校生!(笑)」

(中島卓偉独占インタビューPART1から続く)

――「テルミー東京」は15歳で福岡から上京したころの思いを歌った曲だそうですね。 

「上京して江東区に住んでたんですけど、当時は街も暗くて治安も悪くて…そこらをひたすら新聞配達して暮らしていました。東京っていう街はどこに行ってしまうんだろう。自分は取り残されてしまうんじゃないかって孤独があって。でも、この街に憧れて出てきちゃって、ここにしか住めない、ここでしか音楽やれないと思ってるとこもあった。東京に出てきた15(歳)のころの過去、現代の自分、先にある、未来に行こうとしている東京…夕暮れのシチュエーションの中で、そういうことを言葉で全部補えないかなってできた曲です」

――お話を聞いていると思わず切ない気持ちになりますね。

「家に帰るときの夕暮れがすごい嫌だった。休みが週に1日あるかないかの状態で、新聞配達しないと食っていけない。配達中に高いマンションから景色を見ると、東京タワーの周りがスモッグのせいか黄ばんで見えて。こんな空福岡で見たことないって、嫌な気分になることもありました。でも、それにめげずにやってきたから今の自分があると思うんです。こないだ豊洲に行ってみたら、あまりにも変わり過ぎてて、住んでた3畳一間のアパートとかもなくなっちゃってました。それは先に進んでるってことなんでしょうけど、寂しくなりますね、都会は特に」

――当時の自分に掛けてあげたい言葉はありますか?

「信じるものが自分しかない状態、これはすごい寂しいですよ。誰かを拝んでる暇もない、寄っ掛かれる人もいない。例えば、誰か“食わしてやるよ”とかいい話があったとしても、それを信じられないから、寄り掛かれない。自分自身で稼げるお金は限られていて、その中で生活していかなきゃいけない。すごく世界が狭いんです。でも、3度の飯よりCD買って音楽があれば、ギターがあれば、曲が書ければ生きていけるって思っていたので、平気でしたけど。当時の自分に掛ける言葉って考えると…例えば、『大丈夫だって、絶対良くなるから』って言ってあげるとかなのかもしれないですけど、でも、そういうのがなくて今の自分があるならば、何も言わないほうがいいかなって…。“言わないで伝える”って、日本独自の教え方らしいですけどね。そういうことを歌にできてよかったと思います」

――もう1曲の「BOOM BOOM BOOM」は1月に行われた東名阪ツアーでも披露して、盛り上がっていましたね。

「ようやくタオルを振る曲ができたなと。矢沢永吉さんのライブで、タオルを投げるみたいに、そういうアクションで1つになれる曲があったらいいなと思っていたので。1月のツアーは、12年目のスタートということもあって、なるべく曲をたくさんやりたいなと思ってリハーサルは50曲くらいやりました。12年やってきて、年下のミュージシャンも増えましたけど、先輩風を吹かせて“俺に付いてこい”みたいな感じはなくて、まだ先輩に学ぶことのほうが多いですね。結局、人間、自分で精いっぱいでなきゃいけないと思うので、そういう思いが強いだけかもしれないです」

――昨年、ミュージカル「RENT」を経験しての感想と、その経験で得たことを教えてください 

「『RENT』も毎日ライブをやっているイメージでしたね。自分のライブにどうやって生かせるだろうって、いろんなものをキャッチしようとしていました。ミュージカルはセリフと歌と両方ありますよね。セリフは歌のように、歌はセリフのように、そういうふうにやるとうまくいくらしいんです。歌い過ぎてしまうとお客さんとの距離が遠のくように感じるけど、セリフのように歌うとお客さんにストーリーとかがすっと入っていく。だから、自分の歌でも、歌詞を伝えたいときはセリフのように歌うっていう方法を取り入れてもいいんじゃないかなって、勉強になりました。人間って本当に努力が大事だと思うんですよね。それを外にあまり言いたくないって人もいると思うんですけど、やっぱり練習や努力って、やった分だけ返ってくるから、やるかやらないかですごい差が出ると思うんです。イチローさんが、『なんでそんなにヒット打てるんですか?』って聞かれて『皆さんより多くバット振ってるだけですよ』って言うけど、それをさらっと言えちゃうのがすごい。落合博満さんみたいに練習しない、それ俺流みたいな天才肌もいるけど、落合さんは練習してない間にもシミュレートして考えてるからこその天才だと思う。僕も30代になって、本当に好きなことを極めなきゃいけない時に来ているのかもしれないですけど、『RENT』をやりながら、自分が知らない畑で何ができるのか、貪欲にどんなことも取り入れなきゃいけないなっていうのを意識しましたね」

【CD】
「ユラリユララ」
3月2日(水)発売
1500円 アップフロントワークス

「ユラリユララ」発売記念ルーフトップコンサート on Ustream
http://www.ustream.tv/recorded/12948993
※2月26日(土)に行われたUstreamライブがアーカイブで見られる

【ライブ】
「中島卓偉アコギツアー“一人フラリフララお前に途中下車!”
5月14日(土)福岡ROOMSより、仙台、新潟、名古屋、小樽、神戸、京都、横浜にて開催

【ライブ】
「中島卓偉TOUR 2011“夏もReal Hot Rocks!”」
8月20日(土)大阪・umeda AKASO、21日(日)名古屋・E.L.L.、27日(土)東京・赤坂BLITZにて開催

【HP】中島卓偉公式サイト
http://www.takui.com

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報