沖縄でめざましライブ初開催!大塚アナも2PMの肉体にホレボレ

2日間にわたり沖縄で熱いライブが繰り広げられた「めざましスーパーライブin沖縄」
  • 2日間にわたり沖縄で熱いライブが繰り広げられた「めざましスーパーライブin沖縄」

2月26日、27日の2日間、沖縄の宜野湾海浜公園屋外劇場にて「めざましスーパーライブin沖縄」が開催された。11組の豪華アーティストが出演したライブは2日間で3万人を動員、熱いステージが繰り広げられた。

ライブ初日にはスキマスイッチ、西野カナ、遊助、2PM、清水翔太、JUJU、2日目にはFUNKY MONKEY BABYS、かりゆし58、斉藤和義、ケツメイシ、コブクロが登場。さらに、大塚範一アナや生野陽子アナ、軽部真一アナ、伊藤利尋アナに加えて、皆藤愛子や長野美郷らめざましファミリーも駆け付け、今回のライブを大いに盛り上げた。

11組のライブの中でも特に観客を大いに沸かせたのが、韓国で“野獣アイドル”として人気の2PM。去年の両国国技館のライブ以来、日本では2度目の登場で「Heartbeat」の日本語バージョンを世界初披露した。初日のエンディングでは、2PMを生で見た大塚アナが「大きな体なのに、キレのあるダンスにホレボレした」と大絶賛し、メンバーの鍛えられた肉体を触ったり、顔の大きさを近くで比べたりと大はしゃぎ。伊藤アナが「大塚さん、変なスイッチが入っちゃいました」とツッコみ、会場は笑いに包まれた。

そんな大盛り上がりなステージに加えて、ライブ会場の外に設けられた「めざましおきなoneパーク」も大盛況。沖縄の特産品やグッズが並び、会場に入れなかった人のためにライブの様子を放映する巨大スクリーンも設置された。会場から漏れてくる音とスクリーンでライブの雰囲気を味わっていた女性グループは、「今回ライブチケットが購入できなくて、みんなで残念がっていたのに、無料でライブさながらの体験ができて非常に満足です」と大喜びの様子だった。

今回のライブは、沖縄県が県の魅力や優位性を国内外にアピールし、観光客の誘客が期待できる優れた事業計画をサポートする「元気プロジェクト」の一環として行われたもの。本土からツアーも組まれ、2日間でのべ1000人以上の観光客が訪れるなど大成功を収めた。なお、同ライブの模様は、3月2日(水)、3日(木)のめざましテレビ内で放送される。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報