深夜ドラマ「カルテット」に原作者がヤクザ役で特別出演!

ヤクザ役を熱演の大沢氏
  • ヤクザ役を熱演の大沢氏

TBSで火曜深夜に放送中の福田沙紀主演ドラマ「カルテット」(MBSでは木曜深夜)。3月1日火曜深夜の第7話に、原作者の大沢在昌氏がエキストラとして出演する。大沢氏は架空の町「ミドリ町」のヤクザの役に挑戦。しかもセリフつきだ。事前に監督と打ち合わせをおこない、その場で中国語のセリフを練習。カメラリハのあと、すぐに撮影がスタートした。ミドリ町の裏路地を歩くカスミ(夏菜)と肩がぶつかり、「クソ日本人が、出て行け!」とドスをきかせた一言を吐き捨てて去る大沢氏。実に堂に入った演技で、撮影は一発OK! シーン・チェック時には笑顔を見せ、満足そうだったが、本人としては「中国語のセリフの意味(発音)がきちんと伝わっているか心配です」(笑)と、いたって控えめ。ドラマのストーリーはもちろん、注目のワンシーンをお見逃しなく!

「カルテット」
毎週火曜夜0:55-1:25 TBS
※MBSは毎週木曜夜0:55 

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報