周防正行監督、15年ぶりに撮った妻・草刈民代を「綺麗でした」とおのろけ発言

『Shall we ダンス?』以来、15年ぶりにタッグを組んだ周防正行監督と草刈民代
  • 『Shall we ダンス?』以来、15年ぶりにタッグを組んだ周防正行監督と草刈民代

『Shall we ダンス?』(96)、『それでもボクはやってない』(07)の周防正行監督最新作『ダンシング・チャップリン』(4月16日公開)の完成披露試写会がルテアトル銀座で開催。おしどり夫婦として知られる周防監督と、バレリーナとして参加した草刈民代がそろって舞台挨拶と囲み会見に登壇し、撮影裏話と夫婦円満の秘訣を語った。

フランスの振付家ローラン・プティがチャップリンの名作をテーマに作り上げた同名バレエを、初演からチャップリンを踊ってきたルイジ・ボニーノと、草刈を迎えて映画化した『ダンシング・チャップリン』。本作をバレリーナとしてのラストダンスに選んだ草刈は、チャップリン役など1人全7役をこなし、周防監督がその最後の舞台を2部構成の映画に仕立て上げた。ふたりのタッグ作は『Shall we ダンス?』以来、15年ぶりとなる。

周防監督は、草刈はもちろん、ルイジ・ボニーノとも15年の付き合いになると言う。本作への情熱について「この『ダンシング・チャップリン』を残したい、ルイジの踊りを残したいと思った。そして草刈が引退するのが決まっていて、妻を撮影する最後のチャンスだと思ったので、撮影をスタートできました。15年間、ずっとバレエを見続けていたから、準備はできていました」と力強く語った。草刈も「1日13時間、トゥシューズを履いてる時もあったけど、怪我をしてもこれだけ踊れれば大丈夫。やるだけやろうと思い切りできました」と充実感あふれる表情でコメントした。

3月9日(水)で結婚15周年を迎える周防夫妻。そこで周防監督から草刈に、3月3日(木)の桃の節句にちなんだ桃の花束をサプライズプレゼント! 周防監督は「15周年で区切りになるような映画ができましたので、次の15周年もよろしくお願いします」と笑顔で言うと、会場から拍手が鳴った。

続いて、その後の囲み取材では、ふたりの仲睦まじさがさらに伝わってきた。15年ぶりに妻を撮影した感想を聞かれた周防監督は「綺麗でした」と、ずばり一言。「いつも舞台を見る時、僕は身内だから色々と心配して見ていましたが、今回自分のカメラをのぞいた瞬間、怖いものなしで対象に向かっていけました。綺麗だなと素直に思えました」と語った。草刈も「結婚してからもしょっちゅうビデオを回していたし、稽古場や劇場に監督がいるのが当たり前みたいな感じだったので、やりづらさとかはなく、伸び伸びと安心してできました」と笑顔で語った。

また、夫婦円満の秘訣については、草刈が「こうあってほしいと、相手に強く望んでないことが良いのかなと」と語ると、周防監督も「ふたりでいて、気分が良ければそれで良いだろうと。家へ帰って不機嫌な人がいると苦痛なので。不機嫌な時が少なかったので、ここまで続きました」と、爽やかなおのろけ発言をした。ごちそうさまです!

『ダンシング・チャップリン』は、チャップリンの誕生日である4月16日(土)に公開される。華やかな舞台の裏側を撮ったメイキング的な第1幕と、映画としてバレエを撮り上げた第2幕からなる本作。とにかくバレエの世界と、チャップリン、バレリーナ・草刈民代の魅力がふんだんに詰まった作品に仕上がっているから、バレエ公演を見るつもりで堪能したい。【MovieWalker/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報