馬場俊英ツアーファイナルにファン代表としてコブクロが飛び入り!

名曲「ボーイズ・オン・ザ・ラン」はコブクロにも影響を!
  • 名曲「ボーイズ・オン・ザ・ラン」はコブクロにも影響を!

シンガーソングライター馬場俊英が12/23(火)、デビュー13年目にして初のアリーナコンサートを大阪城ホールで行った。

この日のチケットは販売から15分でソールドアウトするなど熱狂的な馬場ファン1万人が全国から集結。オープニング曲の「君はレースの途中のランナー」の中の<仕事がダメになったり>という歌詞で、こみ上げる想いを抑えながら歌った馬場は、詩の朗読や客席を歩きセンターステージに移動するサプライズを織り交ぜながら、ワーナー移籍第一弾シングル「いつか君に追い風が」や07年の紅白出場曲「スタートライン〜新しい風」など全18曲を熱唱した。

アンコールでは大阪城ホール公演実現に至る経緯を語る中で、コブクロの存在が大きかったことを話した馬場俊英。シークレットゲストとしてコブクロが登場すると、1万人のボルテージは一気に最高潮に!

コブクロの小渕は「ミュージシャン代表の馬場ファンです!」と宣言。コブクロにも影響を与え、コブクロもカバーした名曲「ボーイズ・オン・ザ・ラン」を共に熱唱し、会場が1万人のピースで埋め尽くされた。アンコール2曲目の「君の中の少年」では、曲途中に馬場俊英を敬愛するアーティスト(コブクロや鶴ら)や馬場を支えたラジオ局のスタッフなど総勢20名以上がコーラス隊としてステージに上がり大合唱。

3時間半にわたるライブのラストを飾ったのは「世界中のアンサー」。LIVEでファンからの人気が高いこの楽曲が来年3/11(水)に発売が決定したことも発表し、ツアーファイナルを締めくくった。

【CDリリース情報】
15thシングル「世界中のアンサー」(2009年3月11日リリース)
c/w0系新幹線ありがとうキャンペーンソング「君がくれた未来」収録

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報